【今はもう創っていません】高松の銅工所でつくっている卵焼き器でつくった卵焼きがめちゃめちゃ美味しかった!銅の打出し玉子焼器 #香川


追記 2012.06.19:
大山さんの素晴らしいヤカンシリーズや、「TOKYO NO.1 SOUL SET」の渡辺俊美さんの紹介文なども載せておきます。

大山さんはもう大きなものは体力的につくることができないそうで、
いまはもうこの玉子焼き器はつくっていないのだそうです。
いま手に入るこの大山さんの「銅の打ち出し玉子焼き器」はあと数個しかないとのこと。
料理人が使い続けるには理由があります。自宅で料亭の玉子焼きを食べてみたい方はぜひ。

高松にある大山銅工所の大山柳太さんがひとつひとつ丁寧につくっている玉子焼き器の写真です。
瀬戸内海の産品が買えるショップサイトの写真撮影のお仕事中、
NPOアーキペラゴの北川さんがこのフライパンをつかって卵焼きをつくってくださったのですが、
この卵焼き、本当に綺麗に仕上がっていて美味しかったです。
銅は熱伝導率が高く熱を均一に伝えてくれるので、玉子全体が綺麗に焼けるのだそう。北川さんの卵レポートはこちら

お腹がなった人はここから買えますよ。

銅の打出し玉子焼器
原材料名 (本体)銅 (ハンドル)ニレ
【本体】長さ175 mm×幅135cm×深さ22mm
製造場所(生産地) 高松
価格:5,670円(税込)

参考:
IKUNAS 打ち出し銅器
ルビー商会  家具・雑貨屋(香川・高松) : 打ち出し銅器のやかん
大山さんの玉子焼器使ってみました!|スタッフブログ | 瀬戸内の島・海・アートを応援するアーキペラゴ・ストア
銅の打出し玉子焼器 | 瀬戸内の島・海・アートを応援するアーキペラゴ・ストア

追記 2012.06.19:
ヤカンや急須は、讃岐のいろんな工芸を取り扱っているIKUNASさんのサイトからお買い求めいただけるようです。

なんと、「TOKYO NO.1 SOUL SET」の渡辺俊美さんもオススメ!

10 Of The C: Vol.6 渡辺俊美(TOKYO No.1 SOULSET/THE ZOOT 16/猪苗代湖ズ) | FEATURE | EYESCREAM.JP – For Creative Living

巷を騒がすクリエイターたちの持ち物って、どんなもの? EYESCREAM.JP編集部が今気になるクリエイターに、愛用の私物の中から、これぞ!と思う10個のモノを厳選してご紹介していただくコーナー「10 Of The C」。第6回目となる今回は、3月14日(水)に3年振りとなるニューアルバム『Grinding Sound』をリリースするTOKYO NO.1 SOULSETのボーカル/ギター、ソロユニットであるTHE ZOOT 16、猪苗代湖ズのメンバー等々として幅広く活躍するミュージシャン、渡辺俊美氏にご登場頂きます。

#8. 大山柳太作の銅製・卵焼き器

コメント
「卵焼き機って色々と有名なものがあるんですが、これは高松の大山柳太さんというおじいちゃんが作っているもの。熱が均一に広がるから通常よりふっくらした物が出来るんです。返しもすごく良い。一度使い始めたら、普通の卵焼き機では満足出来なくなっちゃいましたね。」

 

More from my site


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です