電気エネルギーを長期間貯蓄する方法



ピタゴラスイッチの映像をみていた時の妄想をメモ。
ヒートアイランド現象も解決。
 夏に冷房の使用によって出たビルの廃熱で発電する→
 発電した電気でモータを回し水をビルの屋上まで運ぶ→
 冬に水を屋上から流し水力発電で電気に変える→暖房として利用
参考:住商など、工場廃熱で発電、三菱重工、風力で火力代替 (NIKKEI NET) [Link]


「電気エネルギーを長期間貯蓄する方法」への2件のフィードバック

  1. 熱エネルギー→電気エネルギー→位置エネルギーって感じか。
    確かに位置エネルギーは簡単に長期保存できそうだよね~
    面白い

  2. 問題は変換の際に実際にはエネルギーは
    等価に保存されないことだね。
    つまり変換の度にエネルギーは失われるから、
    もっと変換は少ないほうがいいんだね。
    スターリングエンジンとか使えば、
    廃熱を電気に変えずに、外気との温度差で
    水を屋上に運ぶことができるかもね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です