広島県尾道市にある離島「百島(ももじま)」の塩田跡地メガソーラー計画!太古から塩づくりが盛んだった瀬戸内は太陽光発電に向いているのかも? #百島


古里・百島 ソーラー島に : 広島 – YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 尾道市の離島・百島に来春、大規模太陽光発電所(メガソーラー)が開設されることが決まり、事業者と市が8日、発表した。小さな離島での建設は珍しいという。事業者の男性は百島育ちで、「島の活性化に貢献したい」と意欲を示した。(布施勇如)

◇東京の藤田さん建設、来春稼動へ

 発電会社を設立するのは、東京都墨田区の金属加工会社会長、藤田守興さん(73)。9月に着工し、来年4月の稼働を予定している。最大出力は1・5メガ・ワットで、年間発電量は約170万キロ・ワット時と、一般家庭の約450世帯分。島内全336世帯(4月末現在)の電力を賄える。

 建設予定地は、百島北岸の約3万1800平方メートルの塩田跡地で、このうち、西側部分の約9700平方メートルは藤田さんが所有。残る東側部分は1976年、藤田さんの父が市に寄贈した。

(2012年6月9日 読売新聞)

百島 (広島県) – Wikipedia

百島(ももしま)は瀬戸内海中部に浮かぶ芸予諸島の島。

室町時代になるまで百島の歴史資料は殆ど皆無だが、菅原道真が大宰府に流される途中、百島に立ち寄り一袖残したという伝説もあり、現在百島町福田地区に天満宮がある。
また1441年(嘉吉元年)、嘉吉の乱で敗れた赤松満祐の一族が百島に逃れて住み着いて、以来追っ手の襲来に備えた弓の稽古が由来の「お弓神事」が今尚毎年1月11日に催しされている。これは、百島村上水軍との関連が強いと言われている。


より大きな地図で 百島メガソーラー建設予定地 を表示

参考:
百島 (広島県) – Wikipedia
百島の現状と取り組み
尾道・百島 – YouTube

More from my site


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です