【写真レポート】 大竹伸朗展 ニューニュー Shinro Ohtake: NEWNEW

Posted on 10月 17, 2013 in イベント, 美術館・博物館

丸亀の猪熊弦一郎現代美術館 MIMOCAで開催中の
アーティスト 大竹伸朗さんの展覧会を撮影させて頂きました。
大竹伸朗さんは、愛媛県の宇和島を拠点としている世界的な現代美術家で
直島の銭湯「I love 湯」の作家としても有名です。


I took photographs of the Shinro Ohtake‘s exhibition at MIMOCA.




DSC_0013a.jpg



DSC_0023.JPG

DSC_0024.JPG

DSC_0027.JPG

DSC_0032.JPG

DSC_0033.JPG

DSC_0034.JPG

DSC_0036.JPG

DSC_0041.JPG

DSC_0044.JPG

DSC_0045.JPG





大竹伸朗展 ニューニュー

日程:2013年7月13日(土)~11月4日(月・祝) *会期中無休
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
料金:一般950円

Shinro Ohtake: NEWNEW

Date : 13th July 2013 – 4th November 2013
Time : 10:00 – 18:00
(Admission until 30 minutes before closing time) Open Everyday
Place : Marugame Genichiro-Inokuma Museum of Contemporary Art, The MIMOCA

Admission: Adults 950, Students (college, university) 650, Children (0 year to highschool) free

大竹伸朗、待望の新作展

大竹伸朗(1955-)は、1980年代初頭に鮮烈なデビューを飾って以来、絵画を中心に音、写真・映像、印刷などの表現を取り込みつつ、旺盛かつ多彩な活動を展開してきました。また、異分野のアーティストとのコラボレーションでも知られており、彼の影響力は現代美術の世界にとどまらず、デザイン、文学、音楽などあらゆるジャンルに及んでいます。

本展は、四国・宇和島への移住から25年を経て新しい局面を迎えつつある「大竹伸朗の現在」に焦点を絞った、久々の大規模な新作展となります。カッセルの森から美術館へと場所を移して新たに展示される《モンシェリー:スクラップ小屋としての自画像》をはじめ、高さ6mに達する大型の平面作品《時憶/ゾーン》や、3層吹き抜けのエントランスに設置する巨大なインスタレーション《時憶/美唄》など、当館の建築や展示空間を最大限に活かして制作される最新作、そして、2011年より取り組んでいる〈時憶〉シリーズやグワッシュを用いた新たな作品群〈境界色〉など、まさに「ニューニュー」というタイトルにふさわしく、新作及び国内未発表の作品を中心に構成します。

比類のない熱量をもって常に前進し続けるアーティスト 大竹伸朗の「今」に立ち会い、次なる展開への予兆を感じる絶好の機会となることでしょう。

Shinro Ohtake Long-awaited Exhibition of New Works

Since bursting on the scene in the early 1980s, Shinro Ohtake (Tokyo, 1955 ) has remained a creative force at the forefront of contemporary art. Besides painting, he has worked in almost every other medium as the impulse strikes him, including sound, photography, video, and printed matter. He is also known for his collaborations with artists in other fields, and his influence extends beyond the world of contemporary art to genres including design, culture, and music.

This exhibition will examine Shinro Ohtake, today, as an artist whose career has entered a new phase, 25 years after his relocation to Uwajima, Shikoku. Featured are many new works of large scale, including MON CHERI: A Self-Portrait as a Scrapped Shed (transported from a forest in Kassel, Germany) and works giving maximum play to the galleries of this museum?among them, a 6-meter high painting and an immense installation in the museum’s three-level entrance void. Also featured are the Time Memory series works Ohtake has undertaken since 2001 and a new group of works using gouache. As underscored by its title, NEWNEW, the exhibition will be sharply focused on new Shinro Ohtake works and works never before displayed in Japan.

NEWNEW an opportunity to bear witness to Shinro Ohtake’s “now” and discover where this driven, continually evolving artist is headed next.






猪熊弦一郎現代美術館のある丸亀にはかつて遊郭があり、
美術館とは駅を挟んで反対側の港付近を歩いていると
大竹伸朗さんの作品のモチーフになりそうな面白い建物が残っています。

There was licensed quarter at Marugame city at a time in the past.
Old architectures which seem to be Ootake’s art work remain at the place out of step with the times.




こんなバラック神社や、
Such a barrack shrine,



かつての銭湯だったと思われる
カラフルなタイル貼りの建物など。
This is a colorful tiled building which seems to had been bathhouse.




ぜひ、丸亀の商店街にオープンした
丸亀おもてなし商店とあわせて、足を運んでみてください。
Let’s you also go to “Marugame Omotenashi shop” at shopping avenue.




大きな地図で見る

大竹伸朗 全景 1955-2006

ニューシャネル

ビ

見えない音、聴こえない絵

ネオンと絵具箱 (ちくま文庫)

Leave a Reply