竹細工のある生活が見えてくる展覧会「まちのてしごとあかり展」

Posted on 6月 23, 2014 in イベント タグ: ,

うちわ生産日本一の香川県丸亀市は、
その他の竹細工も昔から盛んで町中にはいまだに
竹カゴや竹の農機具のお店が残されています。

食べる通信を一緒にしている友人の北川巧未さんが、
丸亀で使われてきたうちわなどの竹細工約250点を
使った展覧会を企画・開催中です。
明かりの展示なので暗くなってからがオススメとのこと。




まちのてしごとあかり展

日程:2014年8月30日(土)まで
時間:16:00~20:00
場所:重元果物店(香川県丸亀市/JR丸亀駅前広場東側) 
8日間限定/入場無料

丸亀市の港からお城までをつなぐあかりのプロジェクト。プレイベントとして、商店街の方から譲っていただいたり貸して頂いたうちわをはじめとした竹細工約250点の展示を行います。

昔の道具を通してまちの人から語られる風景や生活はとても美しいです。今ではもう作られる人がいないような繊細な手仕事が、ごく当たり前のように生活にとけ込んでいた時代は長い歴史の中で見るとつい最近の事なのだと道具たちが物語っています。


渋うちわ(丸亀うちわ) (青)

Leave a Reply