食からつながる秋田の交流拠点「よこてのわがや」 Yokote no wagaya, Akita pref.

秋田県の方に「横手市にいくならぜひ寄ってほしい」と紹介していただいてお邪魔した「よこてのわがや」さん、リノベーションされたとても素敵な空間で、美味しい酒と美味しい料理を頂きました。

I had cozy dinner at Yokote no wagaya at Yokote city, Akita pref. which my friend recommended to me. I drunk tasty sakes and delicious dishes. Recently in Japan the rationality and durability of these traditional Japanese construction methods using wood as the main material are being looked at again and there have been an increasing number of attempts to preserve kominka on the verge of demolition.
続きを読む 食からつながる秋田の交流拠点「よこてのわがや」 Yokote no wagaya, Akita pref.

創業安政2年以来の正真正銘の手造り「石孫本店」 Truly Natural brewed Miso and Soy sauce “Ishimago”

創業安政2年(1855年)。秋田県湯沢市で昔ながらの作り方で代々、お味噌や醤油を醸造している石孫本店さんにやってきました。「昔ながらの」というコピーは多くあれど、ここまで機械に頼らず、火もストーブではなく石炭を使い手間暇かけている作り手は日本各地のあらゆるモノづくりの現場と並べてもとても貴重な存在です。

どうしてここまでして手作りにこだわるのですかと聞くと、「何度も手で触って、愛着が湧くことが大切。仕事は楽しくて喜びがないと」と6代目社長 石川裕子さん。その人柄がそのまま表れたような優しく品のある風味のお味噌やお醤油は、愛情のこもった母親の味のようです。

I went to traditional brewing company “Ishimago Honten” in Yuzawa city, Akita pref., Japan.
They use traditional tools and savoring natural brewing by the hands. The rice and beans for fermentation are all from the local Akita pref.. They are fermented in wooden barrels at storehouses designated as a National Registered Cultural Property.


続きを読む 創業安政2年以来の正真正銘の手造り「石孫本店」 Truly Natural brewed Miso and Soy sauce “Ishimago”

田んぼの風景をビンにつめた日本酒「天の戸・浅舞酒造」 Amanoto, Asamai sake factory, Akita pref.

日本酒の季節がやってきました!秋田県横手市の浅舞酒造にやってきました。秋田県にある日本最大の盆地、横手盆地の真ん中に位置しています。浅舞酒造のお酒は、蔵から5キロの作り手の目の行き届く範囲で育った酒米で作られていて、醸造アルコール添加を行っていない全て純米酒です。奥羽山脈から流れる皆瀬・成瀬の川は夏に酒米を育み、その伏流水は冬に仕込み水として使われお酒を育みます。本当に旨い酒を作るためには地域のお米のこと、地域の水のことを知らなくてはいけません。「横手のこの風景を瓶に詰めたい」横手盆地の風景が、浅舞酒造さんのこの瓶の中に詰まっています。蔵開きは、2月7日日曜日!!


続きを読む 田んぼの風景をビンにつめた日本酒「天の戸・浅舞酒造」 Amanoto, Asamai sake factory, Akita pref.

美味しいいぶりがっこをつくりたい「いぶり美人」 Iburigakko is smoked and pickled

「主婦がただ美味しい”いぶりがっこ”作りたいと思って作り始めたら、
いつの間にか作り手になっていた」
いぶりがっこ(燻り漬物)は、秋田県の内陸南部地方に伝わる
大根を燻煙乾燥させてつくる漬物です。
無農薬有機栽培の大根でつくる無添加無着色のいぶりがっこ、「いぶり美人」をつくり
大根漬けの魅力を発信している西宮三春さん、村岡歩さんに会ってきました。
東北の女性はみんな明るい!

Iburi-gakko is a smoked pickle which is local food of Akita pref., Japan. It is made by pickling smoked Japanese radish. It is known for its crispy texture and smoky savory taste. I met criative unit of Iburi-gakko “Iburi Bijin”, Ms. Miharu Ninomiya and Ms. Ayumu Muraoka.


続きを読む 美味しいいぶりがっこをつくりたい「いぶり美人」 Iburigakko is smoked and pickled

「良イ歌ヲ大二歌フベシ」福禄寿酒造

1688年(元禄元年)創業。
秋田県五城目(ごじょうめ)に300年以上続く酒蔵「福禄寿酒造」にて
こんな言葉に出会いました。

「良イ歌ヲ大二歌フベシ」

時計がなかった時代には、
杜氏(とうじ)が息を合わせるために唄っていた酒造り唄がありました。
甘い日本酒の香りが広がる酒蔵に、かつて唄が響いていたのですね。

DSC_0654
続きを読む 「良イ歌ヲ大二歌フベシ」福禄寿酒造

500年以上の歴史をもつ朝一。秋田県・五城目 The morning market at Gojōme

今日は秋田県・五城目(ごじょうめ)にやってきました。
500年以上の朝市の歴史をもつ町です。

I went to the morning market at Gojōme, Akita pref., Japan. It has 500 years history.

DSC_0417
続きを読む 500年以上の歴史をもつ朝一。秋田県・五城目 The morning market at Gojōme

秋田の日本酒の未来をつくる日本酒技術集団「NEXT 5(ネクストファイブ)」

米どころであり日本酒王国でもある30近くある秋田の蔵元から若手5人が集まり
醸造技術の情報交流を目的に、2010年に「NEXT5(ネクストファイブ)」というグループを結成しました。
そんなNEXT5のお酒を楽しむことができるお店「タカラヤ」に行ってきました。
店主はなんと香川県東かがわ出身だそうで、
そのせいかメニューにはスダチをつかった料理など四国のエッセンスもはいっているように感じました。
秋田に来たらぜひ寄っていただきたいお店です。日本酒も料理もとっても美味しかったです!

「白瀑(しらたき)」(六代 山本友文さん)
「春霞(はるがすみ)」(七代 栗林直章さん)
「一白水成(いっぱくすいせい)」(十六代 渡邉康衛さん)
「ゆきの美人」(三代 小林忠彦さん)
「新政(あらまさ)」(八代 佐藤祐輔さん)


続きを読む 秋田の日本酒の未来をつくる日本酒技術集団「NEXT 5(ネクストファイブ)」

秋田杉を使った美しい秋田駅バスターミナル Timbered Akita station bus terminal

秋田駅を降りるとまず目につくのがこの木造の美しいバスターミナルです。
秋田杉は、木曽のひのき、青森のひばと並んで、日本三大美林のひとつ。
曲げわっぱにも使われる柔軟性と強度をもつ木材は、
樹齢100年近く、じっくりと時間をかけて育てられます。

戦後の植林によって杉だらけになってしまった日本の山林をもっと活用していこうという
「日本全国スギダラケ倶楽部(スギダラ)」の秋田支部「北のスギダラ」の活動がきっかけとなり
バス会社「秋田中央交通」からターミナルの建て替えの依頼があり実現したものです。
設計は、ナグモデザイン事務所の南雲勝志さんと小野寺康さん。

Akita Station’s beautiful new bus terminal located on the west side of the station. Akita is Japan’s top producer of Akita Cedar. It is one of Japan’s most beautiful woods. The new bus terminal is made entirely from Akita Cedar. It was all harvested locally. The architecture was designed by Katsushi Nagumo.


続きを読む 秋田杉を使った美しい秋田駅バスターミナル Timbered Akita station bus terminal