テクスチャ



仕上げつながりで先日メモしたファイバー展。
改めて興味深かった作品をメモしておこう。
面白かったので二度見にってしまいましたが、
二回とも原さん(原研哉)が会場におられました。
写真は、3階入口にあった水滴を使ったタイトルディスプレイ、”WATER LOGO”。
超撥水加工された布素材にTOKYO FIBERのロゴが水滴で描き出される表示システム。
坂さん(坂茂)の温度で変化する漢音変色素材でつくられた紙管ベンチ、”感温家具”。
岩井さん(岩井俊雄)の超撥水繊維でつくった雨水で遊べるレインコード、”Rain Drops”。
のふわふわの毛をまとったパナソニックの電熱器具、”自由になるカーペット”。
全長7mのタイプと1.5mのタイプがある。肉球スイッチで温度調整や電源を操作できます。

参考:Tokyo Fiber 2007 センスウェア (sakana no makimono) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です