もののけ姫はこうして生まれた アフレコ名場面


もののけ姫はこうして生まれた アフレコ名場面 [Link]
ニコニコ動画

こうやって改めてみてみると、
宮崎さんの細やかな演出がすばらしいなと思う一方で、
指示を受けているときの石田ゆり子(サン役)さんの戸惑いは逆に、
美輪さん(モロ役)、森繁さん( 乙事主役)、松田洋治さん(アシタカ役)、
それから久石さんの順応性の凄まじさに驚かされます。
http://www.nicovideo.jp/thumb/sm1190735

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1320685

http://www.nicovideo.jp/watch/sm1178567

 Amazon.co.jp
 > 宮崎駿監督が渾身の力をこめて制作し、
 > 公開されるや大ヒットとなった1997年のアニメ作品『もののけ姫』。
 > 本作はそのアニメーション制作現場から、宣伝戦略、
 > アテレコにおける声優と宮崎監督のやりとり、
 > さらに公開後の大ヒットの様子までを約2年にわたり克明に記録したドキュメント映像である。
 > さらには、北米公開時に宮崎監督がトロント、ロスアンゼルス、
 > ニューヨークの3都市をキャンペーンで回った際の映像も特典として収録している。
 > 最初はただ1人の頭の中にだけ存在していたキャラクターやストーリーが、
 > 多くの人の「化学変化」を経て具現化し、
 > さまざまな魅力を内包した1本の作品として完成した後、
 > やがて多くの人々の心を国境すら越えてとらえてしまう。
 > その過程が、ここまで詳細なドキュメンタリーとして見られるということ自体
 > ひじょうに画期的なことだといえる。
 > 『もののけ姫』や宮崎駿作品のファンはもちろんだが、
 > クリエイティブな業界を志す人、あるいはすでにそういった業界の
 > ただ中に居る人たちも見て損はないはずだ。(安川正吾)
 内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)
 > 『千と千尋の神隠し』の宮崎駿監督が、
 > 4年前に手掛けて空前の大ヒットとなった『もののけ姫』誕生の軌跡に迫る映像。
 > 総収録時間399分+映像特典で構成され、
 > ディスク3枚に収められた本作は、製作現場を捉えた迫真のドキュメンタリー作品といえる。

参考:
ファーストディストリビューション 『もののけ姫』はこうして生まれた [Link]
もののけ姫の超大作メイキングを見る [Link]
Youtube – 「もののけ姫」はこうして生まれた。 [Link]
YouTube – もののけ姫 – 久石譲コンサート2006 [Link]
もののけ姫 – Wikipedia [Link]
もののけ姫 -Princess Mononoke- [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です