瀬戸内海の伊吹島沖で春の風物詩の初鯛(はつだい)が揚がったそうです

Posted on 3月 22, 2012 in ニュース タグ: ,

春の風物詩「初ダイ」揚がる/観音寺・伊吹島沖 | 香川のニュース | 四国新聞社

春の風物詩の「初ダイ」が香川県観音寺市の伊吹島沖で水揚げされ、伊吹漁協観音寺地方卸売市場(同市観音寺町)で21日、競りにかけられた。

 19日早朝、同市伊吹町の宇都秀行さん(61)の定置網にかかった。宇都さんが初ダイを水揚げするのは18年ぶり4回目という。

 初ダイは重さ4・5キロ、体長65センチ。料理旅館の琴弾荘(同市有明町)が初物のご祝儀相場の15万円で競り落とした。坂本久幸社長は「結婚式のご祝儀に出そうと考え落札した。お客さまに喜んでいただけると思う」と話していた。

海の民―漁村の歴史と民俗 (平凡社選書)
河岡 武春
平凡社
売り上げランキング: 798307

Leave a Reply