【10月10日はこんぴらさんの日】讃岐に秋を告げる神輿渡御 「金刀比羅宮例大祭」 Konpira Shrine Festival

香川県琴平にある金刀比羅宮で秋の例大祭が行われます。江戸時代以前から続く金刀比羅宮で最も重要な大祭です。10月10日はローカル鉄道ことでんの臨時深夜便がでるので観光で香川県に来られるかたはぜひ足をのばしてみてはいかがでしょうか。

The Konpira Shrine Festival is held with the oncoming of autumn from 9th to 11th October. It is important festival that has been held for centuries before Edo period. 続きを読む 【10月10日はこんぴらさんの日】讃岐に秋を告げる神輿渡御 「金刀比羅宮例大祭」 Konpira Shrine Festival

【1月14日・21日(土)】ブラタモリが2週連続香川県に!さぬきうどんとこんぴらさん特集

2017年新年のブラタモリにいよいよ香川県が登場します。しかも、2週連続。
最初のテーマは、「さぬきうどん」。
丸亀市や宇多津町など中讃エリアをあるき、
この土器川沿いの地形や地質がなぜ小麦生産にむいていたのか紐解きます。

翌週のテーマは、「こんぴらさん」。丸亀市からこんぴら街道を歩いた先にある金刀比羅宮は、
香川県琴平町に位置し、江戸時代から海上交通の守り神として厚い信仰をうけてきた神社です。
象頭(ぞうず)山の地質から、なぜ金刀比羅宮がここに建てられたのか迫ります。

さぬきうどん ~なぜ“さぬきうどん”は名物になった?~
番組:NHK総合
日程:2017年1月14日(土)
時間:19:30~20:15

こんぴらさん ~人はなぜ“こんぴらさん”を目指す?~
番組:NHK総合
日程:2017年1月21日(土)
時間:19:30~20:15

さぬきうどん ~なぜ“さぬきうどん”は名物になった?~
番組:NHK総合
日程:2017年1月14日(土)
時間:19:30~20:15

ブラタモリ、四国・香川県へ!
今回のテーマは、なんと・・・・「さぬきうどん」!?
いまや全国区になった、コシが自慢のさぬきうどん。うどんが名物の土地は数あれど、なぜ香川で独特のうどんが誕生し、日本中にその人気が広まったのか?そこには、香川県の地形や地質が大きく関わっていました。タモリさんが、さぬきうどんの知られざる真実を求め、香川県の真ん中、“中讃”と呼ばれる地域を歩きます。
まず向かったのは丸亀市。県内唯一の一級河川・土器川で、タモリさんが見つけたのは、謎の湧き水・・・この水から、うどんの原料・小麦と地質の深い関係が明らかに?さらに瀬戸内海をのぞむ宇多津(うたづ)町へ。タモリさんが長~いひしゃくを持って、昔ながらの塩田で、うどんに欠かせない塩づくりに挑戦!
そして「さぬきうどん」発祥の地といわれる町へ向かったタモリさん。実は、この町の地形と地質が、「うどん作り」にピッタリで、しかもここからさぬきうどん人気が全国に広がった!!・・・って一体どういうこと?タモリさんが川底で発見した“穴”が物語る、さぬきうどんの意外な歴史とは?この町に伝わる、さぬきうどんの「原型」にタモリさんもビックリ!
でもタモリさん、柔らかい博多うどんが大好きで、「うどんにコシはいらない!」が持論だったはず・・・はたして、どうなる?

こんぴらさん ~人はなぜ“こんぴらさん”を目指す?~
番組:NHK総合
日程:2017年1月21日(土)
時間:19:30~20:15

今回の舞台は、「こんぴらさん」の名で知られる、香川県琴平町の金刀比羅宮。
江戸時代から、海上交通の守り神として厚い信仰をうけたこの神社。麓から本宮まで785段の長~い石段を登る参拝客は、いまも年間300万を超えます。でも一体どうして人は、四国の山の中にあるこんぴらさんを目指すのでしょう?タモリさんが、その秘密に迫ります。
ブラブラ石段をのぼってゆくタモリさん。“神域”に入った所で、アメを売る謎の集団を発見!何と800年前から続いている商売だというのですが・・・?続いて、金刀比羅宮の収蔵庫に潜入!人がこんぴらを目指した理由がわかる“お宝”とは?
そして、785段を登り切って本宮へ。標高538mの象頭(ぞうず)山の中腹にある金刀比羅宮本宮。この場所に本宮が建っているのは、実はタモリさんの大好きな地質に理由があった!?謎をとくカギ、“メサ”と“マサ”って・・・いったい何?
さらに現存する最古の芝居小屋「金丸座」へ。江戸時代、たくさんの庶民が押し寄せた人気イベントとは?いまも現役で使われている舞台の仕掛け「すっぽん」を体験!タモリさんが地下から花道へ飛び出す!?幼少期に、こんぴらさんへ来た事があるというタモリさん。タモリさんの少年時代の知られざるエピソードと、最後に明らかになる衝撃の真実とは!?

昭和の懐かしい本がよみがえる「こんぴら書房」 Konpira Bookstore at Kagawa pref.

香川県の人気の観光地、「こんぴらさん」こと金刀比羅宮(ことひらぐう)のお膝元、
琴平(ことひら)町に素敵な本屋さんが期間限定でオープンしています。
町の閉店した古本屋に眠っていた本を
ブックディレクションの手によって昭和の懐かしい雰囲気を蘇らせています。

11月30日まで開催中の「こんぴら昭和なつかし博」の企画で、
せとうち暮らしでもおなじみ、なタ書のキキさんがお店を開いています。

Konpira Bookstore open until 30th November at Kotohira town, Kagawa pref., Japan. The shop is produced by Mr.Kiki who is the shop owner of used bookstore “Natasho” at Takamatsu city.


ことでん琴平駅から徒歩5分。


せとうち暮らしでもおなじみ高松の古本屋「なタ書」のキキさんにご案内いただきました。


もともと山下有文堂さんという本屋さんでした。
閉店した本屋に眠っていた本を中心にセレクトして
期間中、こんぴら書房としてお店を開いています。


外観


さすがこんぴらさん、朝早くからお遍路さんや観光客が通ります。


家族連れも。


店内。在りし日の本屋の雰囲気が生きています。


懐かしい本が並んでいます。


懐かしい型の自転車。これもこの本屋さんに眠っていたものだそうです。


自転車の荷台も本棚として使用。


このギア、懐かしい。


きもの。その向こうにお遍路さん。


絵本など子供向けの本も並びます。


生活の探求。創作代表選集。


懐かしいコミック。らんま1/2


「サザエさん」


ちびくろサンボ。トラがバターになっちゃう童話です。


これ、ソノシートといって簡易のレコード盤になっています。これも懐かしいです。


こちらもソノシート(フォノシート)。「007 サンダーボール作戦」


懐かしの野球シリーズ。「華麗なる波乱 (水原茂著)」「まぼろしの4番バッター」


こちらも野球シリーズ。「アサヒスポーツ編 甲子園大会」「選抜高校野球大会号」「スクラップ球団」「巨人恐るるに足らず」


教科書。「中学社会科辞典」「中学ニューコース」


「サラダ全集」「基礎の献立全集」


怪盗ルパン全集「奇巌城」


雑誌「Olive」とオリーブサイダー 400円


岡倉天心、大江健三郎


「原爆の子〜広島の少年少女のうったえ(長田新編)」


「日本特攻隊総集版 血の手記録 現代読本」


ブックディレクションを担当した 高松の古本屋「なタ書」のキキさん。


こちらも有文堂にあった洋書のヌード写真集。装丁がかっこいいです。


子ども向けの絵本もあれこれあります。


僕の好きな絵本です。「かわ(加古里子)」


「料理教室では教えない 新婚料理入門」気になる。。笑


「朝日新聞 縮刷版」


「アサヒカメラ」「主婦の友」


10月に高松場所が開催されるからか相撲シリーズも。「別冊1億人の昭和史 昭和相撲史」「エコノミスト」


たまたま、ことでんのキャラクターことちゃんの相撲シールを持っていたので、


お店に貼っていただきました。

こんぴら書房(元山下有文堂)

日程:2014年11月30日(日)まで/土日祝のみ営業
時間:10:00~17:00
場所:香川県仲多度郡琴平町644-1 [Google Maps]
電話:070-5013-7020

Konpira Bookstore (old Yamashita Yubundo)

Date : until 30th November / open Saturday and Sunday
Time : 10:00-17:00
Place : 644-1 Kotohira town, Kagawa pref., Japan [Google Maps]
Tel : 070-5013-7020

参考:
こんぴら昭和なつかし博 – 琴平町
なタ書 – Facebook
物語を届けるしごと – 完全予約制の古本屋「なタ書」 – The used book shop “Natasho”

朝一番に本屋を準備する様子を動画で撮影させていただきました。

25歳の娘さんが発案。香川県伝統工芸品の讃岐一刀彫のだるまをカラフルにしたら注文殺到。山中象堂「POPダルマ」Pop Daruma

1985年に香川県の伝統的工芸品の指定された
讃岐一刀彫りのダルマを制作する山中象堂さんの娘さんが
カラフルな模様のPOPだるまを提案したところ注文が
殺到しているそうです。

先日、琴平の金毘羅宮にむかう30段目、
階段の途中にある山中象堂さんを訪ねたところ、
高さ7cmのダルマが6千円もするのですが、2年待ちの人気だそうです。

“Sanuki ittou bori” is the traditional craft of Kagawa pref., Japan. It is carved wooden figure. The daughter of Mr. Yamanaka who is traditional craftsman produced candy-colored daruma figure. And it became in hot demand.

山中象堂

住所: 香川県仲多度郡琴平町980
アクセス: JR琴平駅より徒歩10分 金刀比羅宮参道石段30段目
電話: 0877-73-3009
時間: 午前八時~午後五時 ■定休日: 年中無休
価格:高さ7cmで6千円(税別)
問い合わせ:0877-73-3009

四国旅マガジン GajA(ガジャ) No.51 四国デザインを訪ねて

讃岐一刀彫 達磨香合

こんぴらさんの麓のコロッケ「平岡精肉店」 Croquette of Hiraoka Butcher shop near Konpira shrine

琴平駅を降りてこんぴらさんの階段に向かう途中
商店街の出口あたりにある精肉店。
精肉店の揚げたてのコロッケってついつい食べたくなりますよね。

When you walk from Kotohira sta. to stairs of Konpira shrine. You will find Hiraoka butcher shop at shop street of Kotohira town. You can eat croquette(korokke) here. The croquette right out of the hot oil is particularly delicious, and tourists often eat freshly-fried croquette at the shop for snacks.

平岡精肉店食べログ
時間:08:00~18:00
定休:水曜日(祝日の場合は営業)、日曜営業
電話:0877-75-3866
場所:香川県仲多度郡琴平町220 [Google Maps]

Hiraoka Butcher shop食べログ
Time : 08:00~18:00
Close : Wednesday (open for holiday) / Sunday
Tel : 0877-75-3866
Place : 220 Kotohira town, Tadotsugun, Kagawa pref., Japan [Google Maps]