水の郷百選



水の郷百選 [Link]
Wikipedia

次の舞台美術を考えに美濃和紙の街へ。
その続きで水の都、郡上八幡。
いがわ小径 、やなか水のこみち、吉田川親水遊歩道などが見所。
 > 水の郷百選(みずのさとひゃくせん)は、
 > 国土庁(現在の国土交通省)が水環境保全の重要性を広報するため、
 > 地域固有の水をめぐる歴史文化や優れた水環境の保全に努め、
 > 水を活かした町づくりや村づくりに優れた成果をあげている地域を
 > 1996年(平成8年)3月22日に認定したもの。
 > 水の町(水の郷百選)
 > 八幡地区の市街地には、17世紀に城下の防火などを目的に
 > 築造された水路が巡らされている。
 > 現在、一部は整備され観光資源となっているが、多くは生活用水として利用され続けている。
 > 湧水や山水を引き込んだ水舟と呼ばれる水槽の水は飲用も可能。
 > 1996年に水の郷百選に認定された。
 > また、1996年に日本の音風景100選として「吉田川の川遊び」が選定された。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です