最近気になる本。地元民を巡る新しいタイプのガイドブック、うちこハローノート


地元住民を巡るスタンプラリーを通して旅行者と地元住民のふれあいのきっかけを作る『人を巡る』新しいタイプのガイドブック

うちこハローノート ハローノート制作委員会Amazon

 イラスト中村隆
 デザインスープデザイン
 編集DECO

内子は、愛媛県のほぼ中央に位置する小さな町です。四方を山に囲まれ、白壁の町家が軒をつらねています。
この『内子ハローノート』には、そんな内子に住む24人の人たちが登場します。
小学生から91歳までの和傘職人まで、内子の土地・人・美味を知り尽 した人ばかり。
内子に出かけたら、この人ちを訪ねてみてください。直接話してみてくださ い。内子の良さがきっと分かるはずです。ガイドブックだけでは、決してふれることのできなかった、内子の魅力に出会うことができます。
さぁ、このノートを持って出発です。 ハロー!
この本を持っていけば、オリジナルスタンプを押してもらえます。
オリジナルスタンプが10コ以上集まると、 オリジナルポストカードがもらえます。
また、切り取り式のメッセージカードに、内子で過ごした思い出を書いて、内子に設置されたボードに貼ってかえりましょう!

2009年度 グッドデザイン賞 受賞グッドデザインファインダー
旅の心に残る思い出は、旅先での地元の人達とのちょっとした会話やふれあいです。現在、名所旧跡、グルメ等の情報を紹介した各地の旅行ガイドブックが毎年数多く出版されていますが、旅行者が地元住民とふれあうきっかけはなかなか作れません。一方、地元住民も旅行者を温かく迎えたい気持ちはあっても会話のきっかけが見つけられません。本商品は、地元住民を巡るスタンプラリーを通して旅行者と地元住民のふれあいのきっかけを作る『人を巡る』新しいタイプのガイドブックです。

うちこハローノート [内子]
ハローノート制作委員会
デコ
売り上げランキング: 775087

参考:
Amazon.co.jp: うちこハローノート
うちこハローノート – Good Design Award


「最近気になる本。地元民を巡る新しいタイプのガイドブック、うちこハローノート」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です