島々に 灯をともしけり 春の海 (正岡子規)


島々に 灯をともしけり 春の海 (正岡子規) – 覚えておきたい有名な俳句・短歌

おぼろにかすむ春の海に夕やみがせまり、沖の島かげも黒くなり、やがて見えなくなろうとするとき、島々でともす灯火(ともしび)が見え、それが波にゆれていっそう美しい。 
季語:春の海(春)


大きな地図で見る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です