太平洋上からみた朝日


太平洋上からみた朝日!最高に美しかったです!
カツオを釣り上げる写真は撮れませんでしたが、
これこそ 四国食べる通信で伝えたいこと。

当然、釣れないこともあるし、
3日間船上生活ということもよくあるそうです。
私たちの食卓の向こう側では、
今日も世界のどこかに命がけで自然と向き合っている人たちがいます。
今年のカツオはここ数十年ないくらい遅れていて、
回遊の南側で網で大量に獲ることから、
数そのものも激減しているのだとか。
そのリスクを背負っても、
漁師の皆さんはこの一本釣りにこだわっています。
何故か?それは、たぶん「本能」。
命と向き合う本能が、一番沸き立つのが
彼らにとってこの一本釣りなのだとおもいます。

はじめは、怖そうな漁師さんでしたが、
一晩船上で寝て、食卓を囲んでいるうちに、
親切にいろんなことを教えてくださいました。
ますます、当たり前に食卓にならぶ食材に感謝!命に感謝です!
今度こそは、カツオを釣り上げてる皆さんの男前の姿を撮りたい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です