【毎週火曜21時~】 地域おこし協力隊に募集して高知県四万十にやってくるというドラマが、10月からフジテレビで放送予定です。生田斗真さん・真木よう子さん主演。「遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~」 #高知


生田斗真さん
「毎日の生活を精いっぱい生きていく中で、ふと立ち止まって振り返ってみると、
このままでいいのだろうかと不安になったり、急に焦り出したりするというのは、
僕らの世代にとって、とてもリアル。
そういった悩みや不安を抱えた人たちに、そっと優しく寄り添いながら、
一緒に立ち上がって行こうと、後押しができるようなドラマにしたい」

遅咲きのひまわり〜ボクの人生、リニューアル〜

日時:毎週火曜日21:00~21:54 初回は15分拡大。
テレビ局:フジテレビ
キャッチコピー:僕らの価値って、何ですか。
出演:生田斗真、真木よう子、国仲涼子ほか

生田斗真、3年半ぶり連ドラ主演 四万十川舞台の青春群像劇 – 読売新聞

真木よう子、桐谷健太ら共演

ヒロイン役は真木よう子
 生田斗真が、10月期のフジテレビの連続ドラマ「遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~」(火曜後9・00)に3年半ぶりに主演することが30日、わかった。最後の清流と呼ばれる高知県の四万十川を舞台に、男女7人の若者たちのリアルな姿を描く群像劇。1980年代の「北の国から」、90年代の「白線流し」、2000年代の「Dr.コトー診療所」などに続く、2010年代の「地方モノ」ドラマという。

 ドラマは、「ロスジェネ(Lost Generation=さまよえる世代)」と呼ばれている20代、30代の就職氷河期世代が、さまよいがちな人生をリニューアルして、遅咲きながら花を咲かせるヒマワリになっていくという、等身大の物語。生田が演じるのは、東京の私大を卒業後、派遣社員として働く今どきの若者・丈太郎。仕事ぶりや人柄が認められ、正社員採用になるはずだったが、その直前に「派遣切り」に遭い、実家に戻るが、そこには自分の居場所は既にない。そんなとき、ネットで「地域おこし協力隊」募集のページを見つけ、縁もゆかりもない高知県四万十市に飛び込む。

 生田は「毎日の生活を精いっぱい生きていく中で、ふと立ち止まって振り返ってみると、このままでいいのだろうかと不安になったり、急に焦り出したりするというのは、僕らの世代にとって、とてもリアル。そういった悩みや不安を抱えた人たちに、そっと優しく寄り添いながら、一緒に立ち上がって行こうと、後押しができるようなドラマにしたい」とコメント。また、地方都市での群像劇について、「フジテレビドラマの地方都市を題材とした群像劇には、大好きな名作がたくさんあります。そういった作品を、僕らの年代でも作れるんだという証しにしたい。明るくて、楽しくて、少しだけ切ない、直球ど真ん中の青春群像劇を目指します」と意気込んでいる。

つづきはこちら。

今晩9時~フジテレビにて「遅咲きのヒマワリ」スタート!ロケ地は四万十です! | いなかパイプ

こんにちは~、いなかパイプの山脇です!
いよいよ、今晩9時フジテレビにて、四万十を舞台にした男女7人のドラマ
「遅咲きのヒマワリ ~ボクの人生、リニューアル~」が放送されます!!!
四万十市民はおそらくみんな見ることでしょう!!
四万十のあんなところや、こんなところがテレビに出るなんて、
もーーー、楽しみでしかたありません!!

気になるドラマの内容は・・・

つづきはこちら。

四万十日用百貨店
四万十日用百貨店

posted with amazlet at 12.10.23
迫田 司
羽鳥書店
売り上げランキング: 368913

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です