鞆(とも)冬の名物、サヨリの天日干し。Winter feature of Tomonoura, dried fish in the sun

Posted on 12月 21, 2015 in あるく・みる・きく, タグ:


古代より潮待ちの港として知られていた広島県福山市鞆(とも)。
冬になると港の近くでサヨリの天日干しがはじまります。
天日干しにすることで魚の旨味が増します。
キラキラと風に揺られている様子は、とても美しく。アートよりアートです。

Tomonoura has been a prosperous port since ancient times. When I went to Tomo of Hiroshima pref., I saw and took photographs of dried halfbeak. This is winter feature of Seto Inland Sea. Such method of drying fish produces richer taste and flavor. It was beautiful that fishes being swayed by the wind and had a good shine.


魚島(うおしま)六口島(むぐちじま)でも見かけた魚の天日干しは、
瀬戸内を代表する冬の光景です。

「でべら」(でべらかれい、でびら)も干しています。






ヒビ。鯛の養殖でしょうか?

Leave a Reply