ルーヴル美術館 – Musée du Louvre


なんとなくルーブル。2009年、フランス北部のランス(Lens)に
SANAA(妹島和世・西沢立衛)設計の分館がオープン予定。

 > ルーヴル美術館は、セーヌ川の右岸に位置し、ルーヴル宮殿の大部分を占めている。
 > 建物は、1190年にフィリップ2世(フィリップ・オーギュスト)が
 > パリ防衛のための城砦を築いたのに始まる。
 > ルネサンス様式の宮殿に改築された16世紀のフランソワ1世の時代から
 > ナポレオン3世の時代まで実に3世紀以上を費やして完成した壮大な建物で、
 > 16世紀以降、近代までのフランス建築ならびに装飾の粋を集めるものである。
 > フランソワ1世以後の歴代王室の収集品を基として、
 > フランス革命後の1793年にフランス共和国により公開された。

参考:
ルーヴル美術館公式サイト [Link]
ルーヴル美術館 – Wikipedia [Link]
asahi.com : 朝日新聞社 – 「ルーヴル美術館展 フランス宮廷の美」 [Link]
ルーブル美術館旅行|海外旅行基本情報-エイビーロード [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です