熱帯雨林における生物多様性Diversity of Biomass in the Rainforest



熱帯雨林には数多くの植生層があるため、その構造は多くのほかの種類の森林とは異なる。
こうした層は「ストラタ(層)」と呼ばれている。
最下層は林床で「低木層」と呼ばれている。
低木層はシュロ、苗木、若木から成っている。
林床部の上にあるひとつもしくは複数の層は「中木層」と呼ばれている。
この中木層は大きな灌木や中木などにより構成されている。
いちばん上の層は「高木層」と呼ばれ、
高さが50m、幅が2mにもなる高木で構成されている。
高木の葉や枝がほかの層全体を覆い、ほとんどの太陽光や雨をとらえてしまうので、
高木層は通常「林冠」と言われている。
この林冠は熱帯雨林で最も多くの生命体が生息しているところで、
数百万種類もの植物や動物によって構成されている。
こうした林冠を研究することで、人間は地球サイコの生態系から学びmそれを理解することができる。
The structure of rainforests is different from most other forest types because it has many layers of vegetation. These layers are called “strata.” The bottom stratum is the forest floor and it is called the “understory.” The understory is composed of palms, seedlings and saplings. Above the forest floor are one or more strata called the “midstory.” The midstory made up of woody plants, such as large shrubs and midsized trees. The top stratum us called the “overstory” and is formed by giant trees that grow up to 50 meters high and 2 meters wide. The leaves and branches of the tallest trees cover all of the other strata and capture most of the sunlight and rain, which is why the overstory is commonly referred to as the “canopy.” The canopy is home to the largest amount of life in the rainforest and consists of millions of different plant and animal species. By studying these canopies, humans can learn from and understand earth’s oldest ecosystems.
バナナの木と同種の植物など中木層の植物は、
林冠に妨害されない光はどんなにわずかなものでもとらえるために、
非常に大きな葉を持っていることが多い。
高木層の植物の葉とは違い、林冠に当たる強い太陽光のせいで枯れることがないために、
中木層の植物の葉は大きく成長できる。
籐(とう)のように上へとつたっていくツル科の植物は熱帯雨林で急激に成長する。
中木層の植物は太さ25cmにもなることがあり、最も高い木を登ったり、
その間をかいくぐったりすることで、高木層に当たる太陽光を浴びて生き延びるのである。
Studies show that only 2 percent of sunlight reaches the floor of the rainforest. Understory plant species have developed special traits to cope with low light levels. Many have deep red coloring on their leaves to capture light of different wavelengths than that of the plants and trees in the lush, green canopy.
Midstory plants, such as relatives of the banana tree, often have exceptionally large leaves for capturing what little light the canopy does not intercept. In contrast to upper story leaves, midstory leaves can grow big because they are not dried out by the strong sunlight hitting the canopy. Vines, or climbing plants, such as rattan palms, burgeon in the rainforest. They can reach thicknesses of up to 25 centimeters, and survive by climbing up and between the tallest trees to gain exposure to the sunlight in the upper strata.
こうした生育環境はまた、熱帯雨林という生育環境に独特の植物を数多く生み出してきた。
栄養素に乏しい熱帯雨林の土壌に対応し、
上の層にある植物から落ちてくる残屑の葉を使って集める植物も存在する。
この残屑が堆積し、肥料となる小さな堆肥の山を形成する。
そこには食虫植物、つまり虫を食べる植物も存在する。
熱帯アジアに生息するような嚢状葉(のうじょうよう;ウツボカズラなど)植物は、
葉で虫を捕まえることで栄養を取っている。漏斗(ろうと)の形をした嚢状葉植物の葉に降りた虫は、
消化液に満ちたその植物の中央にいとも簡単に滑り落ちる。
すると虫は急速に溶解され、その栄養素が植物のものとなるのだ。
このような動的相互作用のほかの例として、ラフレシアがある。
世界で最も大きな花であることに加えて、その異様な匂いでもしられている。
この匂いがハエをおびき寄せ、花に受粉させるのである。
This habitat has also produced many plants that are unique to rainforest habitats. In response to the nutrient-poor soil of the rainforest some plants use their leaves to collect falling debris from other plants located higher in the strata. The debris accumulates and forms small compost piles to be used for food. There are also insectivorous, or insect-eating plants. Pitcher plants, such as those in tropical Asia, receive nutrition from trapping insects in their leaves. Insects that land on the pitcher plant’s funnel-shaped leaves easily slip into the plant’s center that is full of digestive juices. Here, the insect rapidly dissolves and the nutrients become part of the plant. Another example of this dynamic interaction is the corpse lily. In addition to being the largest flower in the world, it is also well-known for its grotesque smell. This smell attracts flies that serve to pollinate the flower.
しかし、熱帯雨林の層の秩序は自然に起きる破壊によって、定期的に乱される。
例えば、巨木が倒れるときは、その1本だけが倒れるわけではない。
通常、熱帯雨林の木々は蔦(つた)で結ばれており、1本が倒れるとほかの木を引っ張るのである。
巨大な木が1本倒れると、林冠に覆われいる場所に大きな空き地ができ、
そのおかげで太陽光と水が林床部にまで届く。
その結果、動植物が移動し、成長を始める新しい場所ができる。
However, the order of the rainforest’s strata is regularly disturbed by naturally occurring disruptions. For example, when a giant tree falls. It does not fall alone. Usually, trees in the rainforest are connected by vines that pull on other trees when one falls. The falling of one giant tree can make a large opening in the forest canopy that allows sunlight and water to reach the forest floor. This results in a new space for plants and animals to move into the area and begin to grow.
ハリケーンや台風も、再生につながる森林の混乱原因のひとつである。
熱帯雨林を詳しく研究してきた科学者や研究者らは、
時折起こる破壊と再生は健全で多様性のある森林をもたらすために、
なくてはならない過程なのだと言う。
Hurricanes and typhoons are another cause of disturbances in the forest that lead to regeneration, Scientists and researchers who have studied the rainforest in detail sat that this occasional damage and regrowth is a vital process that leads to healthy and diverse forests.
植物や動物の種の中には、あまりにも相互に依存しあっているため、
その相手がいないと生存できないものもいる。例えば、すべてのイチジクの木は、
ある特定のハチ(イチジクコバチと言われている)のしゅによって受粉がなさている。
その代わりに、これらの木はハチに唯一の産卵場所と幼虫のすみかを与えている。
こうした相互関係は、地球全体の種と同様に地域ごとの種に対して、
森林伐採が与える影響を研究している科学者らの専門研究分野である。
熱帯雨林から得られた教訓は世界の知識における重要な部分になりつつある。
それは、森林伐採によって生じる短期的な利益や産物よりも、
素晴らしくそしてより長続きする豊かさである。
Some plant and animals species are so dependent on each other that they cannot live without each other. For example, all fig trees are pollinated by a species of wasp. In return, the trees provide the only habitat for wasp eggs and larvae Such inter-relationships are the domain of scientists who study the effects of deforestation on local species, as well as global ones. The lessons found in the rainforest are forming an important part of world knowledge – a richness greater and longer lasting than the short-term profits and products that stem from deforestation.

参考:
熱帯雨林 – Wikipedia [Link]
中米の熱帯雨林フォト [Link]
熱帯林行動ネットワーク(JATAN) [Link]
森林 – Wikipedia [Link]
独立行政法人 森林総合研究所 [Link]
日本森林学会 [Link]
林野庁 [Link]


「熱帯雨林における生物多様性Diversity of Biomass in the Rainforest」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です