ポアンカレ予想 – NHKスペシャル|100年の難問はなぜ解けたのか ~天才数学者 失踪の謎~


ポアンカレ予想 [Link]
NHKスペシャル|100年の難問はなぜ解けたのか ~天才数学者 失踪の謎~

 



面白かった2007年10月の放送をメモ。
宇宙に果てはあるのか?宇宙は一体どんな形なのか?
人類が長年、問い続けてきた謎に大きく迫るヒント。
やわらかい幾何学の世界では、コーヒーカップとドーナツは同じ形。
ポアンカレ予想 1/2ポアンカレ予想 2/2
 番組:NHKスペシャル 総合テレビ
 日程:2007年10月22日(月)
 時間:10:00~10:59
 > ポアンカレ予想とは「単連結な3次元閉多様体は3次元球面に同相である」という予想であり、
 > 1904年にフランスの数学者アンリ・ポアンカレによって提出された。
 > 以来ほぼ100年に渡り未解決だったが・・・
 > 解の説明を求められてアメリカの壇上に立ったペレルマンの解説を聞いた数学者達は、
 > 「まず、ポアンカレ予想を解かれた事に落胆し、
 > それがトポロジーではなく微分幾何学を使って解かれた事に落胆し、
 > そして、その解の解説が全く理解できない事に落胆した」という。
 ポアンカレ予想 Wikipedia
 > (3次元)ポアンカレ予想(Poincaré conjecture)とは
 > 「単連結な3次元閉多様体は3次元球面S3に同相である」という予想であり、
 > 1904年にフランスの数学者アンリ・ポアンカレによって提出された。
 > 以来ほぼ100年に渡り未解決だったが、
 > 2002年から2003年に掛けてロシア人数学者グリゴリー・ペレルマンは
 > これを証明したとする複数の論文をarXivに掲載した。
 > これらの論文について2006年の夏頃まで複数の数学者チームによる
 > 検証が行われた結果、現在では彼が実際に証明に成功したと考えられている。
 > ペレルマンはこの業績によって2006年のフィールズ賞を受賞した
 > (ただし本人は受賞を辞退した)。
  
参考:
位相幾何学 – Wikipedia [Link]
ポアンカレ予想 – Wikipedia [Link]
グリゴリー・ペレルマン – Wikipedia [Link]
Open-Ended 球に裏返されても [Link]
科学なニュースとニュースの科学:【第5回】難問奇問と天才奇人数学者 [Link]
ポアンカレ予想 -OKWave [Link]
ポアンカレ予想 – 池田信夫 blog [Link]
ユメのチカラ: ポアンカレ予想 [Link]
なんじゃこりゃあ!!: NHKBShiのポアンカレ予想 [Link]
ついに証明された? ポアンカレ予想:日経サイエンス [Link]


「ポアンカレ予想 – NHKスペシャル|100年の難問はなぜ解けたのか ~天才数学者 失踪の謎~」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です