イサム・ノグチ庭園美術館もある香川県高松市牟礼(むれ)は庵治(あじ)石という石が産出する石の町です。ここにある石の民俗資料館にて5月30日(日)まで開催中のイラストレーターうにのれおなさんの展覧会『うにのれおな クレヨン画展』のアーティストトークにて、聞き手として登壇させていただきます。当日は、Instagramにてライブ配信予定ですので興味のある方はぜひご覧ください。

企画展「うにのれおな クレヨン画展」|高松市
日程:2021年4月24日(土)から5月30日(日)まで
場所:石の民俗資料館 企画展示室(香川県高松市牟礼町牟礼1810) [Google Map]
料金:一般:200円(160円) 大学生:150円(120円) 高校生以下:無料

Exhibition of crayonist unino reona
Date : April 24th – May 30th 2021
Place : Stone Folklore Museum(1810 Mure town, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan) [Google Map]
Fee : Adult200yen / Collage student 150yen / under High school student Free

アーティストトーク|高松市
日時:2021年5月23日(日)午後2時から
場所:高松市石の民俗資料館 エントランスホール
出演:
 話者 うにのれおな
 聞手 ゆうさかな
【ゆうさかな プロフィール】物語を届けるしごと・デザイナー。旅で出会った美しい風景や美味しい食べ物を撮影し、世界160ヶ国以上に発信。食や農に関わるデザインの仕事をしている。
定員:50名(事前申し込みが必要)
費用:無料 ※展示室入室には観覧料が必要となります

企画展「うにのれおな クレヨン画展」の開催に併せ、トークショーを開催します。聞き手にデザイナーのゆうさかな、作品や制作の様子についてうにのれおなさんが解説します。お誘い合わせの上、ぜひ足をお運びください。


ダンボール会社、ハコモさんの商品。もう販売していないらしい。再販してほしい。


白い猫


盆栽たいそう。大里菜桜さん


富士山。原画だからこそよりわかる、手仕事のテマヒマ。


制作風景


クレヨン画が完成するまでの過程


この日は天気がイマイチでしたが、遊具の無料貸し出しもしており、石の民俗資料館の庭で小さなお子さんとご家族で遊ぶのも楽しそうです。

企画展「うにのれおな クレヨン画展」|高松市

企画展「うにのれおな クレヨン画展」|高松市

香川県高松市出身のイラストレータ-、うにのれおな氏の作品展を開催します。
本展では、うにの氏独自のあたたかみのある画風・世界観によって描かれる作品のほか、クレヨン画が出来上がるまでの過程が分かるイラスト、制作風景の映像などを展示します。絵本の1ページのような朗らかで可愛らしい作品をお楽しみいただける展覧会です。お誘い合わせの上、ぜひ御来館ください。