小豆島を舞台にした映画「八日目の蝉」The Eighth Day of Shodoshima island


日本アカデミー賞10冠を受賞した映画「八日目の蝉」の舞台は瀬戸内海の小豆島です。
映画の中には小豆島の虫送り農村歌舞伎が登場します。

The Farming Village Kabuki Stage, which began in the 18th century. Kabuki is one of Japan’s most famous traditional performing arts, and was long one of the common class’s most popular forms of entertainment. When you visit the Farming Village Kabuki Stage, be sure not to miss the nearby Nakayama Senmaida Paddy Field. These paddies make ingenious use of the mountain slopes, and allow one to follow in the footsteps of previous generations.(Shodoshima Town)


写真:江戸時代から島に伝わる半夏生の伝統行事、小豆島の虫送り


写真:江戸時代から地元に愛されている小豆島 中山農村歌舞伎をみてきました

日本アカデミー賞公式サイト

作品賞:『八日目の蝉』
主演女優賞:井上真央『八日目の蝉』
監督賞:成島出『八日目の蝉』
脚本賞:奥寺佐渡子『八日目の蝉』
助演女優賞:永作博美『八日目の蝉』
音楽賞:安川午朗『八日目の蝉』
編集賞:三條和生『八日目の蝉』
録音賞:藤本賢一『八日目の蝉』
照明賞:金沢正夫『八日目の蝉』
撮影賞:藤澤順一『八日目の蝉』

日本アカデミー賞、『八日目の蝉』が最優秀作品賞 – 主演女優賞は井上真央 | マイナビニュース

第35回日本アカデミー賞の授賞式が2日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪で開かれ、『八日目の蝉』が最優秀作品賞を受賞したほか、同作に出演した井上真央が最優秀主演女優賞を受賞した。

『八日目の蝉』は、作品賞、主演女優賞と永作博美が助演女優賞を獲得したほか、監督賞、脚本賞、音楽賞、編集賞、録音賞、照明賞、撮影賞の計10冠となり、賞を席巻した。

井上は「最優秀賞は早すぎるという思いもありますが、うれしくて誇りに思います。この賞を自信と誇りに変えて頑張っていきたい」と目を潤ませながら受賞を喜んだ。撮影がハードだったらしく、喜びはひとしおのようで、「撮影の時の苦しかった思いが報われました。何度も逃げようかと思いましたが、逃げなくてよかった」と感無量の様子。永作も「本当にうれしいです。びっくりし過ぎて大変です。役者としての可能性を感じた作品になりました」と満面の笑みを見せた。

八日目の蝉 [Blu-ray]
八日目の蝉 [Blu-ray]

posted with amazlet at 12.03.05
アミューズソフトエンタテインメント (2011-10-28)
売り上げランキング: 390
八日目の蝉
八日目の蝉

posted with amazlet at 12.03.05
角田 光代
中央公論新社
売り上げランキング: 1671
(英文版) 八日目の蝉 - The Eighth Day
Mitsuyo Kakuta 角田光代
講談社インターナショナル
売り上げランキング: 212846

参考:
日本アカデミー賞公式サイト
DVD&ブルーレイ 10月28日(金)発売。映画『八日目の蟬』オフィシャルサイト
八日目の蟬 – Wikipedia
きれいなものを、みつけに ー小豆島ガールー
【日本アカデミー賞】八日目の蝉10冠!井上真央、主演女優賞「逃げないでよかった」 – 芸能ニュースラウンジ

「小豆島を舞台にした映画「八日目の蝉」The Eighth Day of Shodoshima island」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です