徳島県の山奥、那賀町木頭地区(旧木頭村)の山間部に2020年4月24日に『未来コンビニ』がオープンしました。『KITO DESIGN HOLDINGS』により『子供は未来から来る未来人』として『子供』をテーマに設計された空間です。しばらくは木頭、那賀町の皆さんを対象にソフトオープンとのこと。

The future convenient store, “Mirai Combini” opened at Kito village, Naka town, Tokushima pref., Japan.

未来コンビニ
時間:7:00〜20:00
住所:徳島県那賀町木頭北川いも志屋敷11-1 [Google Map]
電話:0884-69-2620

Mirai Combini (Future Convenient Store)
Time : 7:00-20:00
Address : 11-1 Imoshiyashiki, Kitagawa, Kito, Naka town, Tokushima pref., Japan [Google Map]
Time : 0884-69-2620

未来コンビニ

未来コンビニ
写真:未来コンビニ

木頭初のコンビニ。
世界一美しいコンビニ。『未来コンビニ』
本来であれば私もそのオープンに立ち会いたかったのですが、東京からという事で皆様に心配掛けたくなく断念しました。未来コンビニは『子供は未来から来る未来人』として『子供』をテーマに設計しました。店内にはカフェもあり、ソフトクリームもあります。子供から大人、おじいちゃんおばあちゃんまでが集まれるコンビニになれば幸いです。しばらくは木頭、那賀町の皆さんを対象にソフトオープン致します。是非お立ち寄りください。

メディアドゥ 藤田恭嗣

徳島)「未来コンビニ」木頭にオープン 地区内初 – 朝日新聞

高知との県境に近い徳島県那賀町木頭北川の山間地に24日、新しいタイプのコンビニエンスストア「未来コンビニ」がオープンした。木頭地区(旧木頭村)でコンビニの開店は初めてで、さっそく地元住民らが買い物に訪れた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、当面は地元住民を対象に営業する「ソフトオープン」という。

開設したのは「KITO DESIGN HOLDINGS」グループ。地元出身で電子書籍大手のメディアドゥホールディングス(東京)の藤田恭嗣社長が出身地の地方創生を図るために設立した会社で、キャンプ場の開設運営や特産のユズの加工品販売などを手がけてきた。

コンビニは、過疎地の北川・折宇地区に住む約200人の買い物弱者への支援のため、店名には未来の木頭を創る地元の子どもたちへの思いを込めたという。