季節の花 300 山本 純士


最近は少しづつ、木や花の名前がわかるようになってきて楽しい。
街を歩きながら、車を運転しながら、
「エゴノキ」「スダジイ」「モクレン」「ハナゾノツクバネウツギ」とぶつぶつつぶやいてます。
でもまだまだたくさんあるなー。街路樹博士への道はまだ遠い。
このサイト、とてもよくまとまっているので見ていて飽きません。メモしとこ。
ちなみに、この時期は街中で、白い夾竹桃の花が綺麗です。
有毒植物ですので、食べてはいけません。

葉が竹の葉のように細く、花が桃の花に似ているところから、この名に。
インド原産。インド北部の河原に生え、乾燥、洪水、猛暑、寒風に鍛えられた。
江戸時代に中国経由で渡来。
江戸時代から広く庭園に植えられた。
大気汚染に強いので、道路沿いの並木や
公園樹やとしてよく植えられる。
見た目きれいだけど有毒植物です

参考:季節の花 300 [Link]


「季節の花 300 山本 純士」への6件のフィードバック

  1. 四国遍路などへの旅に出て知らない花を撮ってきては『季節の花 300』から名前、分類などを知り、有難く思っております。新着の化学雑誌で「馬酔木」についての記事が目に留まりましたので、失礼かと存じますが添付を試みましたが難しいようです。先生のメールアドレスお差し支えなければ、返信でその記事を添付します。(元岐阜大学、中部大学教授、加藤晋二)

    1. はじめまして。ありがとうございます!季節の花300は私も愛読しております。道端でみかけた花の名前がわかると世界が広がりますよね。メールアドレスは下記のとおりです。

      mail@yousakana.jp

  2. 山本先生 季節の花300に何時もお世話になり感謝致しております、仲間内では花博士と呼ばれていますが、何の事はない
    「季節の花300」を検索させていただいて発表するだけです、
    (アガパンサス)何時の間にか覚えていて、即答したら博士に
    なりました。
    山本先生には何時までもご健勝にて益々のご発展をお祈りします。

    1. 山本純士さんが苦労して集められた素晴らしいコレクションですから、無断転載は残念ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です