写真展 100人の東京駅


写真展 100人の東京駅 [Link]
東京新聞

竹中の東京本店新社屋内にあるギャラリーエークワッドでこんな展示会が開催中。
一般公募で集めた100人のカメラマンに撮影してもらった2700枚の東京駅の風景を展示。
最終日には携帯写真をもちいた社会調査法で有名な
SFCの加藤文俊さんらが参加するシンポジウムもあるようです。
 日程:2006年10月20日まで
 場所:GALLERY A4 ギャラリー エークワッド
 シンポジウム:最終日18:30から 木下直之(東大教授) / 加藤文俊(慶大助教授) / 土田ヒロミ(写真家)
 > 竹中工務店東京本店(東京都江東区新砂一)内の
 > ギャラリー「エークワッド」で、写真展「100人の東京駅」が開かれている。
 > ギャラリーが撮影者百人を一般から公募。
 > 今年七月二十九日、その百人が一斉に撮影した。
 > 二十七枚撮りのレンズ付きフィルムで、それぞれがシャッターを切り、
 > 合わせて約二千七百枚の写真が集まった。
 > 赤レンガの駅舎だけではなく、新幹線のホームにこだわったり、
 > みやげ物売り場などを撮り続けるなど、参加者の視点は一様ではない。
 > 「よく知っているはずの街も、なくなって初めて全然見ていなかったことに気づく」。
 > 写真展を企画したギャラリー担当者の松隈章さん(48)はこう力を込める。
 > 実は、レンズ付きフィルムで街を撮影するアイデアには先例がある。
 > 阪神大震災から一年余をへた一九九六年冬に、神戸市で地元の市民グループが企画した。
 > 「昨日と同じ明日はない」という思いを共有する被災者らが集まり、
 > 震災後の神戸を撮影した。神戸市に住む松隈さんもその中にいた。
 > 「いつも通っていた街なのにガレキになると全然、覚えていなかった。
 > これじゃいかん、と思った」と振り返る。
 > 「都市の記憶は、駅や校舎、何げないビルにつまっている」。
 > 松隈さんが選んだ東京駅は、誰でも知っている日常の風景だった。
 > その東京駅は来年早々にも、戦争で焼失したドームを復元するなど創設当初の姿に改築される。
 > 「戦後六十年の東京の歴史を刻む駅の『今』を自ら記憶に留めたい」。
 > 中学生からお年寄りまで駅を愛する百人が撮影に臨んだ。
 > レンズ付きフィルムにこだわったのも、
 > 技術や機材の性能を競うのではなく「じっくり街を見てほしい」との思いからだ。
 > 東京新聞より一部抜粋
参考:
100人がレンズ付きフィルムで撮った 2006年夏 東京駅 [Link]
「GALLERY A4(ギャラリー エー クワッド)」 9月16日オープン (竹中工務店) [Link]
加藤文俊 (Wikipedia) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です