SPACE FOR YOUR FUTURE展 – 東京都現代美術館


石上純也さんの四角い風船が印象的。オラファー・エリアソンも出展。
先日、仕事の流儀にキュレーターの長谷川祐子さんが出演されておりました。
photo by turezure.
 日程:2007年10月27日 ~ 2008年01月20日
 時間:10:00~18:00
 場所:東京都現代美術館
 料金:一般 1300円、学生 1100円、中学生・65歳以上 600円、小学生無料
 休館:月曜・年末年始休館(12/25 12/28~1/4 1/15)、12月24日、1月14日は開館

 > 21世紀の特徴は、個人が情報化され、価値観も多様化し、
 > 一方では多様なネットワークが発達したことです。
 > ここ数年のジャンルを横断するクロスオーバーや創造の動向は、
 > バックミンスター・フラーに象徴されるようなユートピアを
 > 目指して諸学が融合した20世紀初頭を想起させます。
 > ただ、大きく異なるのは、私たちの身体や世界が環境、
 > 政治問題を含めてより複雑な状況に直面しており、
 > 異ジャンルの横断、協働(シナジー)はこの状況を共に生き延びていくための
 > 切実な手段の一つとしてたちあがってきている点なのです。
 > 例えるなら、バイオテクノロジー、
 > 遺伝子組み替えなどの研究が生き延びるための一つの方法であるように。
 > 本展覧会は、これらの表現の新たな動向をアート、
 > 建築、ファッション、デザインなど広い範囲の
 > ヴィジュアル・クリエイションから選んだ
 > 13カ国34アーティスト/クリエイターの作品を通して見せようとする企画展です。
 > SPACE FOR YOUR FUTUREというタイトルにおいて、
 > SPACEは、単なる物理的な空間でなく、
 > 自分の身体とその外部を入れ子状に含んだ、
 > 一つの環境としての空間を意味しています。
 > 領域横断の傾向は多くのクリエイティブな建築家、デザイナー、アーティストにみられ、
 > 彼らは一つのヴィジョンのもとに、
 > 複数のジャンルの表現手段や方法を自在に操りながら表現をおこなっています。
 > それはDNAの自在なプログラミングに似ています。
 > 彼らがこの展覧会テーマに対して、身体や空間に関するさまざまな提案を行います。
 > 本展は、マルチ・ディシプリーナリーな創造を提案する都市、
 > 東京から発信する新たな文化的マニフェストとなることでしょう。

参考:
SPACE FOR YOUR FUTURE – MOT [Link]
東京都現代美術館:MOT [SPACE FOR YOUR FUTURE] [Link]
SPACE FOR YOUR FUTURE展・東京都現代美術館 – J0hn D0e の日誌 [Link]
石上純也”四角い風船”-architecturephoto.net [Link]
有限会社ハイ・メタル [Link]
dezain.net – Thread: 石上純也の”四角い風船”の制作プロセス [Link]
[art][architecture]四角い風船+石上純也ギャラリートーク [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です