環境に耳を澄ますためのインスタレーション 「East of oasis ─ twelve gates to sound」 Christina KUBISCH 2003



だいぶ昔にICCでみて感動した作品を
環境情報系アートつながりで改めてメモしておきます。
天井から床に音源に繋がれた電磁誘導線が張り巡らされている。
鑑賞者は電磁誘導コイルの入ったヘッドフォンをつけてその音を聞くという作品。
その音は直接、耳では聞こえないのですが、
左右の音の違いをつかって空間に潜む音を探す。
文章で書くと何が面白いのか伝わりにくいので、
ぜひ、もう一度日本で公開してほしい。
これはかなりいろいろな展開可能性を孕んでいる作品だと思うのです。
重要なのは、ヘッドフォンという道具を通して、
人々が能動的に音を探して歩く、つまり「耳を傾ける」という行為を誘発している点です。
環境情報を顕在化させるタイプの作品は、
行過ぎると逆に人の想像力を奪い、鑑賞者が受動的になってしまいがちなのですが、
この作品はそのあたりのバランスが非常にうまく設計されていると思いました。
写真は彼女の公式サイトにあった、森の中でのインスタレーション。

East of oasis ─ twelve gates to sound [Link]
Christina KUBISCH 2003


 > 磁気誘導ケーブルを使用して送信される音を
 > 鑑賞者が受信機のついたヘッドフォンを装着して聞く。
 > 複数のケーブルからは異なるサウンド・ソースが送信されており、
 > 賞者はギャラリーの中を歩くことで、会場内のサウンドスケープを聞く。
 > The magnetic headphones with their built-in coils respond
 > to electrical fields in the environment.
 > At first I tried to filter the soft hum of
 > the electrical wires out of the headphones.
 > Then, in 2003, the constant increase and spread of “unwanted”
 > electrically-produced sounds triggered a new cycle of works:
 > Electrical Walks. With special, sensitive headphones,
 > the acoustic perceptibility of aboveground and
 > underground electrical currents is thereby not suppressed, but rather amplified.
 > The palette of these noises, their timbre and
 > volume vary from site to site and from country to country.
 > They have one thing in common: they are ubiquitous, even
 > where one would not expect them. Light systems, transformers,
 > anti-theft security devices, surveillance cameras, cell phones,
 > computers, elevators, streetcar cables, antennae, navigation systmes,
 > automated teller machines, neon advertising, electric devices, etc.
 > create electrical fields that are as if hidden under cloaks of invisibility,
 > but of incredible presence.
 > ELECTRICAL WALKS is an invitation to a very special kind of
 > stroll in cities (or elsewhere) With a special magnetic headphone
 > and a map of the environs, upon which the possible routes
 > and especially interesting electrical fields are marked,
 > the visitor can set off on his own or in a group.
 > The perception of everyday reality changes
 > when one listens to the electrical fields;
 > what is accustomed appears in a different context.
 > Nothing looks the way it sounds. And nothing sounds the way it looks.
参考:
Christina Kubisch公式サイト [Link]
楽しむ空間・一歩前へ! CCGA現代グラフィックアートセンター 木戸英行 (artscape) [Link]
サウンディング・スペース9つの音響空間 (関心空間) [Link]
クリスティーナ・クービッシュ (ICC) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です