100人の子どもが生まれる時間 – In this time


100人の子どもが生まれる時間 [Link]
In this time

有名な作品ですが、砂時計で思い出したので
リビングワールドの”ある時間”をしめす砂時計のシリーズよりメモ。
リビングワールド 西村さんのインタビューはこちら。
 > いまこの瞬間も、子どもたちが生まれている。
 > 100人の子どもが生まれる時間をしめす砂時計です。
 > 私たちの身体をつくっているすべての原子は、
 > もとを辿ればどこかの恒星が爆発した時に生まれたもの。
 > 私たちは星くずでできている。
 > (ドナルド・ブラウンリー)
 > 人は塵から取られ、ゆえに塵に帰る。
 > (聖書より)
 > 宇宙で次々に星が消えてゆく。同時進行で、
 > この惑星ではつぎつぎと子どもたちが生まれています。
 > その一人一人が星である。
 > あるいは星の長い一生の、一瞬の姿であるとも言える。
  
参考:
リビングワールド living world [Link]
PingMag リビングワールド:世界を感じるものづくり [Link]
砂時計:太陽の光、月の光 – 関心空間 [Link]
あたらしい砂時計 – リビングワールド [Link]
太陽の光の砂時計(木枠版) – リビングワールド [Link]
kurkku < << online shop | クルック オンラインショップ Living World [Link]
“sensorium” Homepage [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です