2月16日~3月28日まで、倉敷の酒蔵や瀬戸内海の工場の夕景を楽しむクルーズなど様々な産業観光ツアーが企画されています



写真:Some rights reserved by PhoTones_TAKUMA

倉敷の酒蔵、工場夕景楽しんで 16日から産業観光バスツアー山陽新聞

日程・コース
2012年02月16日(木):たっぷり児島日本一のものづくりめぐり
2012年02月25日(土):海の都・児島瀬戸内海クルーズと野崎家のおひな見学
2012年03月09日(金):築港350年みなと玉島の食めぐりコース
2012年03月17日(土):みなと玉島癒やしの町並みと百年企業めぐり
2012年03月21日(火):最強製鉄所見学と水島コンビナート夕景クルーズ
2012年03月28日(火):玉島・船穂・真備ぐるっと産業観光

定員:各コース先着45人
参加費:1人2000~3500円 昼食付き
申し込み:ショウエイ観光事業部(086―460―3699)

倉敷の酒蔵、工場夕景楽しんで 16日から産業観光バスツアー – さんようタウンナビ – 山陽新聞

倉敷市、倉敷観光コンベンションビューローなどでつくる「産業観光ツアー連携委員会」は16日から、同市内の酒蔵や夕暮れ時の工場風景などを楽しむ「産業観光バスツアー」を行う。全国有数の大規模工場の集積地・水島コンビナート、児島地区の繊維産業といった同市の特性を生かし3月28日まで計6コースを展開する。

 ツアーはいずれも日帰り。観光客数の落ち込む冬場に、地場産業を観光資源として活用する。初めて企画した昨年は全6コースに計215人が参加し、一部はキャンセル待ちになる人気ぶりだった。

 今回は水島コンビナートの夕景、児島地区の帆布工場や学生服資料館、港町として栄えた玉島地区のしょうゆ蔵や酒蔵、真備地区の竹製品工場などを見学するコースをそれぞれ設定。地元ガイドが付き、歴史や見どころなどを解説する。

 連携委事務局の市観光課は「試飲・試食や小物作りといった体験型イベントも用意している。美観地区以外の魅力も知ってもらいたい」としている。

 定員は各コース先着45人。参加費は昼食付きで1人2000―3500円。申し込みは3日からショウエイ観光事業部(086―460―3699)で受け付ける。

 各コースのテーマ、日程は次の通り。

 16日 たっぷり児島日本一のものづくりめぐり▽25日 海の都・児島瀬戸内海クルーズと野崎家のおひな見学▽3月9日 築港350年みなと玉島の食めぐりコース▽同17日 みなと玉島癒やしの町並みと百年企業めぐり▽同21日 最強製鉄所見学と水島コンビナート夕景クルーズ▽同28日 玉島・船穂・真備ぐるっと産業観光

大人の旅物語 「倉敷・鞆の浦・尾道の旅」 [DVD]
ポニーキャニオン (2003-01-16)
売り上げランキング: 98028

参考:
倉敷の酒蔵、工場夕景楽しんで 16日から産業観光バスツアー – さんようタウンナビ – 山陽新聞
倉敷産業観光バスツアー先行情報! – 晴れらんまん。おかやま旅ネット
おかやま旅ネット スタッフブログ: 2012年2月
「岡山・倉敷の生活情報サイトLICO」は岡山リビング新聞社がお届けする女性のための生活情報サイトです。 – ぶら~り岡山  No.84
【01月19日】倉敷産業観光バスツアー、ステンレス車両発祥の地、ことでん畑田変電所跡 ほか | 産業遺産プレス(BETA)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です