京都名園 こう見てよし! – NHK 知るを楽しむ 白幡洋三郎×尼﨑博正

TAG :   CATEGORY : テレビ・ラジオ

京都名園 こう見てよし! [Link]
NHK 知るを楽しむ 白幡洋三郎×尼﨑博正

京都の庭園を通して、その背景にある意図や哲学をさぐっていく。
テーマは、「石」「水」「茶庭・坪庭」「名庭とは」の全四回。
ひさびさに京都にお墓参りいきたいな。
 第1回 石のドラマ 白幡洋三郎
 2006年12月07日 22:25~22:50
 2006年12月14日 05:05~05:30
 > 龍安寺の石庭をご覧になった方は、いますか?
 > そうです、あの枯山水の庭です。少し想像してみてください。
 > もし背景の土壁が無かったら?白砂が無かったら?
 > それでも、庭は成り立つでしょう。しかし、もし石が無かったら・・・?
 > おそらく庭は成り立たないでしょう。
 > 以上は、国際日本文化研究センターの白幡洋三郎さんが、取材の過程で指摘した話です。
 > この例が示すように日本庭園にとって石はとても重要なのです。
 > なぜ庭石が特別な存在なのか、造形性と精神性の両面から迫っていきます。
 第2回 水のドラマ 尼﨑博正
 2006年12月14日 22:25~22:50
 2006年12月21日 05:05~05:30
 > 日本庭園と西洋庭園の違いとは、何でしょう?
 > その一つは、水の使い方に表れています。
 > 西洋では、堂々たる噴水が見どころですが、日本庭園には、ほぼ噴水はありません。
 > あるのは、地味な印象の「川の流れ」と「池」です。しかし本当に地味なだけなのか?
 > 先人たちは、水に、浄化を促す根源的な力を見出し、さらに、この世の意味も込めていました。
 > 庭園の「水」にもそれが表れているのです。
 > 水の造形性と、造形では表れてこない意味の両面から、
 > 庭園における水の重要性を探っていきます。
 第3回 市中の山居~茶庭・坪庭 尼﨑博正
 2006年12月21日 22:25~22:50
 2006年12月28日 05:05~05:30
 > 「市中の山居」とは、都会(=市中)のなかにある草庵(=山居)という意味です。
 > 室町時代に生まれた表現ですが、今日、庭を語る上で欠かせないコトバです。
 > 現代でも、ベランダに植木鉢を置いたり、テーブルに花を飾ったりする人も多いでしょう。
 > こうした感性のルーツとも云えるのが、「市中の山居」の精神です。
 > もともとは千利休など茶の湯の完成者が練り上げた考えです。
 > 日本庭園では、茶庭や京町家といった空間に活かされています。
 > 「名庭」は暮らしの空間にもある。そのことを探っていきます。
 第4回 遊んでこそ、庭 白幡洋三郎
 2006年12月28日 22:25~22:50
 2007年01月11日 05:05~05:30
 > 「名庭」とは何なのか? このテーマに挑むのが、最終回の4回目です。
 > 一般的には、大勢の観光客が訪れるような芸術性に優れた庭を「名庭」と呼ぶのかもしれません。
 > しかし今回ご出演いただいた白幡洋三郎さんと尼﨑博正さんは、
 > 必ずしもそうとは考えていません。よい庭とは、
 > どれだけ優れた利用空間であるのかが伝統的な見方であって、
 > 観光のため訪れるのは、庭の楽しみ方の一部分でしかない。
 > その視点で見ると「名庭」は案外、私たちの身近にあるのかもしれません。
 > 江戸時代の「庭の観光ガイドブック」などを手がかりに、「名庭」の意味を考えます。
 > NHK番組案内より
参考:
日本庭園 (Wikipedia) [Link]
世界文化遺産 (京都府) [Link]
京都の庭、社寺庭園 100選 kyoto [Link]
古都京都の文化財 (文化遺産オンライン) [Link]
京都の庭 (京都 温故知新) [Link]

← Previous post

Next post →

2 Comments

  1. はじめまして!!クオリア日記から、飛んで参りました。
    お若いのに、建築や設計やアートの世界でご活躍の方なんですね!!
    私は、ホントウにフツウのオバサンですけれど…
    このところ、いろいろなもの・ことを
    見聞きしたり感じたりすることに歓びを感じており
    そのアンテナに、ピンと来るものがあって、
    思わず、こちらにコメントさせていただきます。
    ぜひ、どんなに未来志向になっても
    自然と人とその人の創ったものが調和しているような…
    そこに、ひとの生きている気配の感じられるような…
    作品を造りだしていただきたいなぁと、想います。
    「知るを楽しむ」の一回目を見逃してしまいましたけど
    こちらで、教えていただいて、次回は要チェックですね!!

  2. 風待人さん、心温まるコメントありがとうございます。
    どんなに未来志向になっても、
    地に根をはやしてモノをつくっていきたいものです。
    たまに気がつくと脳が宙に浮いてしまっていて、
    「はっ」とさせられます。
    「知るを楽しむ」の次回以降の放送、楽しみですね。

風待人 にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebook
Facebook
PINTEREST
INSTAGRAM