ルーヴル美術館


もともとは、フィリップ2世(フィリップ・オーギュスト)がパリ防衛のために築いた城砦。
フランソワ1世以後の歴代王室の収集品を基として、
フランス革命後の1793年にフランス共和国により公開。

 > 「ダ・ヴィンチ・コード」にエジプト文化に傾倒していた
 > 当時の大統領フランソワ・ミッテランの支持により、
 > 西洋で不吉とな数字とされる「666」に因んでピラミッドに
 > 666枚のガラス板が使われたと書かれているが、実際はそれ以上使われている


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です