【2月18日(土) 】 四国の酒が一堂に集まる「四国酒まつり」 Shikoku Sake Festival

Posted on 2月 13, 2016 in イベント タグ: ,

四国の真ん中にある徳島県三好市「阿波池田」は、
知る人ぞ知る酒どころ。

毎年、2月に地元の酒蔵が開放され、搾りたての新酒を飲めたり、
四国中から38の酒蔵から地酒が集まり試飲することができるという
日本酒好きにはたまらないイベント。
ぜひこの機会に、足を運んでみてください。
公共交通機関か泊まりで行くのがオススメです。


イベントレポートを掲載しました。

This local sake tasting festival located in Awa Ikeda brings together the best sake of the four prefectures of Shikoku. The best part of this festival is the opportunity to taste a variety of regional sakes. During the festival, special tours of a local sake brewery are offered, and visitors can see behind the normally closed doors and sample freshly brewed sake.





「第15回四国酒まつり」

日程:2017年2月18日(土)
地酒試飲会:サンライズビル(池田町マチ2183) 10:00~16:00
酒蔵開放:今小町・三芳菊(池田町)、芳水(井川町) 11:00~15:00
お問合せ:阿波池田商工会議所 TEL:0883-72-0143
うだつマルシェ

Shikoku Japanese Sake Festival
Date : 20th February 2016
Place : Machi 2183, Ikeda-cho, Miyoshi City, Tokushima Prefecture
Period : Winter
Fees : Tasting Session for Locally-brewed Sake: Advance ticket: 1,200 yen, Walk-in ticket: 1,400 yen
Transportation A 3-min walk from JR Awa Ikeda Station (on the Tokushima Line and Dosan Line). Approx. 5-min by car from Ikawa Ikeda Interchange. A 1-min walk from the Awa Ikeda Bus Terminal (direct highway buses are available from Osaka and Kobe).



四国酒まつり2016 A4




うだつマルシェ | きらり本町

【第12回 うだつマルシェ 詳細決まりました】
2月21日10:00-16:00に行われる、
第12回うだつマルシェ、詳細が決まりました!
池田の冬の一大おまつりの「四国酒まつり」と同時開催となります。ぜひおこしください!

▶SHOP
from 徳島県
オーバッシュクラスト(九州産小麦の天然酵母パン、サンドイッチ、焼菓子)Cafe ELEVEN(フランクフルトのクレープ巻き)いただきます農園(れんこんを使った加工品)きゃとるふぃーゆ(ヘッドスパ)長塩優(布小物)えかきや高波(お絵かき屋)元木製菓(鮎まん、阿波の伝統菓子)長谷川印刷所活版印刷部(活版印刷で作成された紙物雑貨)北室白扇(半田そうめん)TEAPARTY(紅茶、シフォンケーキ)みわのスロースイーツ(お菓子と飲み物)てとき農房(木工)のらあんてな(いちご、野菜、ジャム)勝浦町物産協議会(鍛冶屋の作る手打ち刃物、いちご、加工品)空音遊(お弁当)カイロプラクティック(整体)☆魅ラクル☆(ストラップ、アクセサリー)アジア麺あまくま屋(無添加タイラーメン)S-Nails(ネイルケア)オイシイサーカス(ドレッシング)手しごと屋へそのお (焼き菓子、布小物)海陽町地域おこし協力隊(海陽町産干物、ヒジキ、寒茶)bba Glass(ガラス製品)木岐のひものや(天然ひもの)ベジ・ハッピー(青果物及び加工品)たべごとvivre(菓子、ワークショップ)欅葉(木工)Cotoclass(干し芋、はちみつ、サードメディスンチェック)sumitomo(刺繍ポストカード、アクセサリー)ホタヤ(ほたようかん)ももはる堂(数秘術占い)上野写真館(家族写真の撮影)阿波ツクヨミファーム(野菜のチキンカレー)エニシング(コーヒー、カクテル、タロット占い)なこち LIFE SHARE COTTAGE(祖谷食材のおでん、シシのスペアリブ、シシ汁)motoki labo(スイーツ)Haン子(農作物)菓子工房UEDA(菓子)ハレとケデザイン舎(菓子、パンコーヒー)enjoint shop(写真、絵、流木フレーム)工房ぴのきお(布小物)みろくGOGO(ベジたこ焼き)heso salon(カレー)
from 香川県
まめぱんだ(布小物、アクセサリー、多肉植物)ヤマシタマユ美(陶器)Lucy&Joseph(手刺繍のブローチ)畑ごはん(お弁当、おやつ)BookCafe solow(古本・キャンド)round. (革製品、ステーショナリー)瀬戸内ラスク堂(香川産野菜を使ったラスク)moimoi(布小物、革小物)寧日(おかずマフィン、グラノーラ)ハレハレコーヒー(コーヒー)農業工房 かべっこ(香川県産の米・もち麦)手づくり工房みやけ(ジャム)パティスリー・スミダ(スイーツ)高橋農園(にんにくやきそば)開耶香房(苔玉、盆栽)カフェピッコロ(燻製、ジャム)四国食べる通信(冊子、四国のおいしいもの)
from 愛媛県
Petitmaison11st.(木工品、雑貨)妙楽窯(陶器)W.Sew.Works(ハンドメイドの革製品)Cafe Rosie(天然石アクセサリー、ドリンク、和菓子)らくだ(古材を使用したリメイク家具)Moi(煮込み料理、揚げ物、ベーグル・キッシュ)伊藤有一(陶器)伊藤 奈津美(漆アクセサリー)製本工房おにぎり(手製のハードカバーノート)
from 高知県
akf久保農園(苺・トマト、高知の野菜)たまむし(布小物)ひふみ工房(手編みバッグ)ステンドグラス工房チャイハナ(ランプ、小物、アクセサリー)おおとよガレット(ガレット)USAKO(アクセサリー)かくれんぼ56&N(布小物)kino shoe works(革靴)さとうベジファーム(有機野菜、ジンジャーシロップ、ケーキ、サンドイッチ)
from 四国外
ハンカチ(洋服)ウルシハジメマシタ(漆)くらふとどごん(陶器)La pause(クッキー、ケーキ、マカロン、チョコレート)七穀ベーカリー(自家製酵母パンと焼き菓子)Kt2(アクセサリー)LAPIN AGILE(自然素材のアクセサリー)Litenrum in Handwork Stilla(真鍮シルバーアクセサリー)

▶SPECIAL SHOP
「四国四県・おつまみ小皿展」
2月のうだつマルシェは「四国酒まつり」との共同開催となります。そこで、お酒にあう四国のおつまみと、そのおつまみにぴったりな小皿もあわせて紹介します。作家さんが直接対面で販売しますので、器の使い方なども聞いてみては。
@スペースきせるとその周辺

「マルシェ・de・家族写真 by上野写真館」
レトロで素敵な元旅館の一室でナチュラルな記念写真をお撮りします。日常的に写真を今の時代だから、飾って幸せになるちょっぴり贅沢な記念写真はいかがですか?特別な1枚になるよう丁寧にお仕上げしてお届けします。家族・カップル・親子など、みんな一緒にお楽しみください。撮影上野優子
@旧政海旅館10:30~ 
料金6,500円 キャビネ(2L)サイズ 木製額入り仕上げ  
後日上野写真館店頭もしくは郵送受け取り

▶EVENT
うだつちんどん
定番人気のうだつのマチを盛り上げるうだつちんどん!
11:00~12:00 本町通り周辺を練り歩きます。

近藤美佐子個展「藍が踊る」
徳島で本藍を使って藍染めの作品を制作する近藤美佐子の個展を行います。
1メートル四方の大きな作品も数点登場します。
8:30~17:00 @たばこ資料館(池田町マチ2465)

うだつマルシェ・スタンプラリー
うだつマルシェをぐるりと一周楽しむスタンプラリーです。粗品を用意しているので、お買い物ついでにスタンプを集めてみては?
10:00~なくなるまで 台紙配布は中央インフォメーション

▶WORKSHOP
「JOKI COFFEE 珈琲講座」
高知県本山町の自家焙煎珈琲のお店JOKI COFFEEの大下健一さんによるドリップ講座です。参加無料。各回6名定員予約優先。予約は(emiyoshida80@gmail.com)まで。もしご自身の珈琲器具などをお持ちであればお持ち下さい。
10:30、13:30  各1時間程度
@スペースきせる

「四国四紙で新聞バッグを作ろうワークショップ!」
四国四県の新聞を使って、新聞バッグを作ります。出来上がった後は、ぜひマルシェでのお買い物にお使い下さい!参加無料。各回6名定員予約優先。予約は岡本 (yusuke.okamoto.110@gmail.com)まで。
10:00、11:00 、13:30、14:30 各1時間程度
@スペースきせる

▶ART
「うだつマルシェmeetsデアイ・プロジェクトAIR」
三好市に様々なアーティストを呼び制作滞在を行ってもらう「デアイ・プロジェクトAIR」今回は丸倫徳さん。神奈川県藤沢市出身で、ペインティングを中心に壁画、ライブペインティング、レタリングなどの表現メディアを用い制作するアーティスト。様々なギャップの表現によりスタイルも変化し旅に出ては足跡を残す活動を行う。 移動式映画館等行う集団CINEMA CARAVANのメンバー。

「滞在制作・作品展示」
場所:池田ハウス(池田町マチ2219-1)
アーティストが改修する池田の古民家でうだつマルシェに合わせて制作滞在を行い、完成物をマルシェに合わせて開放します。ダイナミックな作品をぜひご鑑賞下さい。

「ライブペインティング」
時間:10:00〜16:00 場所:教育センター駐車場
マルシェの会場で大きな作品を一気に完成させます。

「チョークアート簡単講座」
時間:14:00〜15:00 
場所:教育センター駐車場
誰でも簡単に楽しめる黒板アートの講座をアーティストが講師となり行
います。店の看板、ウェルカムボード、学校の美術の宿題にも応用でき
ます。先着順の参加。



四国酒まつりとは

当地「阿波池田(三好市)」は、知る人ぞ知る隠れた酒処。南には剣山山系、北には阿讃山脈を望む山狭の盆地です。盆地特有の気候により冬場の冷え込みが大変厳しい地域で、日本酒の仕込み時期の平均気温は2℃であり、この気温は、酒処新潟と同じです。また、現在の蔵数は5蔵ですが、以前は10蔵以上存在していた時もあり、「四国の灘」と称されていました。

うまいお酒があるところ、うまい米と水もある。徳島県は「阿波山田錦」に代表される酒造好適米の産地であり、日本三大河川の一つ吉野川の伏流水(母なる水)がこんこんと湧き出ている地域でもあります。




2013年02月23日



阿波池田に到着



すでに人だかりが。外国からも来られています。



酒蔵開放



三芳菊の武家門。三好市指定文化財



試飲会場はたくさんの人。



蔵で絞ったお酒をその場で頂くことができます。






縁側でのんびりと飲む人も。



日本酒だけでなく酒粕や奈良漬けも販売。



三芳菊オリジナルTシャツ



いよいよ酒蔵の中へ、






地面には重い酒瓶などを運ぶためのレールが敷かれています。






タンクがずらり。






搾りたての原酒も飲める!太っ腹です。






二階へ階段をあがります。



こちらにも醸造用のタンクがずらりと並んでいます。



奥の部屋は木造になっていて、さらにその奥では麹を仕込む部屋になっています。



お米



こちらは酒母室。酒母というのは、文字通りお酒の母親。
日本酒のアルコール発酵に必要な酵母を育てるものです。
酒母室(しゅぼしつ)は、雑菌や野生酵母が入り込まないように
室温を低く保たれています。



壁にかけられている様々な道具が気になります。




窓からみえる景色。



硝子の瓶が綺麗



水色






新酒を知らせる杉玉。


Leave a Reply