琴電屋島駅 近代化産業遺産 Yashima station, modernization industrial heritage

Posted on 11月 4, 2015 in 建築 タグ: ,

高松のシンボルである屋島の麓にある琴電屋島駅。経済産業省の近代化産業遺産に認定されている建物です。屋島登山鉄道の開業に伴い、1929年(昭和4年)に今の場所に移転しました。軒の出が浅い緩勾配のスレート屋根や、平面の凹凸を抑えた外壁が、平明でグラフィカルな外観を構成しています。モダンな住宅をイメージさせる駅舎は、屋島観光を支えた昭和初期の大衆文化を反映しています。(ことでんー近代化産業遺産ー

Kotoden Yashima Station at the foot of Yashima is the symbol of Takamatsu city. The building was certified to the modernization of industrial heritage of the Ministry of Economy, Trade and Industry. This architecture was moved here, when Yashima mountain railway opened in 1929. Design of the station building looks like the modern housing. It reflects the early Showa era of popular culture that supported tourism Yashima.

yashima

場所:香川県高松市屋島中町 琴電屋島駅[Google Maps]

Place : Naka town, Yashima, Takamatsu city, Kagawa pref., Japan [Google Maps]


Leave a Reply