展示設計: 思考のデザイン展 – Think and Plaything

Posted on 11月 20, 2003 in メモ

「考えるためのおもちゃ」をテーマに様々なアーティストに作品を作って頂いた展示会。
クワクボリョウタさんをはじめ多くのアーティストの合同展です。その展示空間のデザインを担当しました。


来場者が参加しながら完成させるパズル。

思考のデザイン展 – Think and Plaything

 日程:2003.11.20(Thu)~21(Fri)
 場所:六本木ヒルズ(森タワー24F)

思考するためのデザインを集めた展覧会。日本を代表するアーティスト、クワクボリョウタ氏をはじめ、9人のアーティストに、参加者の思考を促すようなインタラクティブ作品を制作してもらい、展示した。六本木ヒルズで行われた慶應義塾大学のオープンリサーチフォーラムの一環として行われ来場者は3,677人を記録した。

The exhibition in which collected the designs to thinking. Interactive works which demand user thinking was made and exhibited by nine artists (including famous artist in Japan: Mr. Ryota Kuwakubo). It was carried out as part of the Open Research Forum of Keio University in Roppongi Hills. The visitor recorded 3,677people.

Leave a Reply