WOOD STICK 坂田佐武郎 – コクヨデザインアワード2008 山中俊治賞


WOOD STICK 坂田佐武郎 [Link

コクヨデザインアワード2008の受賞作品が発表されてますね。
個人的には山中さんが選んでいたこの作品が気になったのでメモ。
鉛筆を削る行為の時間的経過を視覚化した作品。
山中さんのコメントが的確ですね。

作品コメント
今回のテーマから興味を持った事は、
炭素循環という食物連鎖に似たサイクルが、地球上に『実は』存在しており、
私の生活ももちろんそのサイクルに含まれているのに、
普段それを意識する事がほとんど無い。という事でした。
WOOD STICKは、
鉛筆を使うとうまれるゴミの見え方をデザインしています。
自分が日頃から出会う様々な物は、どこから来てどこへ行くのか、
そのような物語を、ふと想像させる物になればと考えました。

審査員コメント 山中俊治
鉛筆の削りかすは、やがて燃やされ、二酸化炭素を排出して消える、ただのゴミである。しかしデザイナーはそのゴミのタンクのプロポーションをちょっと工夫して、鉛筆を削る行為の時間的経過を年輪のように視覚化してくれた。ゴミの排出量そのものを減らすための工夫でもなくて、ささやかな情報の追加に過ぎないが、ふと炭素の行方を考えるきっかけになってくれそう。

  
参考:
コクヨ ニュースリリース || 「コクヨデザインアワード2008」の受賞 [Link]
【レポート】新発想の付箋やガムテープなど9作品が受賞 [Link]
*Tezcatlipoca コクヨデザインアワード2008の気になるアイツ [Link]
コクヨデザインアワード2008受賞作品決定。新たなヒット文具の可能性 [Link]
テーマは”炭素” コクヨデザインアワード、優秀賞 [Link]
「3人1組のチーム」を英語にすると、どのようになりますか? – Yahoo [Link]


「WOOD STICK 坂田佐武郎 – コクヨデザインアワード2008 山中俊治賞」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です