日本三大カルストのひとつ四国カルスト – Shikoku Karst

タグ: ,

四国カルストは、高知県と愛媛県の県境に広がる標高1200~1500mの日本最大級のカルスト台地です。
カルスト(Karst)というのは、石灰岩などの水に溶けやすい岩石で構成された大地が侵食されてできた地形のことです。


日本三大カルスト(四国カルスト、山口県の秋吉台、福岡県の平尾台)のひとつ。


夏は緑のじゅうたん、秋はススキがなだらかな山肌を覆い、四季を楽しむことができるそうです。


羊の群のような石灰岩が点在し、牛がのどかに草をはむ牧歌的な景色が広がります。

四国カルストWikipedia

日本三大カルスト(四国カルスト、山口県の秋吉台、福岡県の平尾台)のひとつで、その中でも最も高い標高からは石鎚山などの周辺の山々が一望できる。
西から大野ヶ原、五段高原、姫鶴平(めづるだいら)、天狗高原(てんぐこうげん)(標高1485m)まで、なだらかな山肌には、夏は草に覆われた緑のじゅうたん、秋はススキが一面に広がり、一年を通して四季を楽しむことができる。浸食作用で地表に露出した石灰岩が点在している。乳牛の放牧地帯としても有名で、多くの牛が放牧され、カルスト特有の風景をさらに牧歌的にし、多くの人々が訪れる観光地となっており、愛媛県では1964年(昭和39年)3月21日に四国カルスト県立自然公園として指定された。
アクセスとしては、四国カルストの中央に位置する地芳峠に国道440号が通り、その峠より東に向けて愛媛県道・高知県道383号四国カルスト公園縦断線、高知県道48号四国カルスト公園線が延びており、天狗高原の南側の国道439号に接続している。また、国道440号を地芳峠から北上する愛媛県道36号野村柳谷線と接続する。大野ヶ原から姫鶴平(めづるだいら)にかけては愛媛県道・高知県道383号四国カルスト公園縦断線が通っている。近くの道の駅(国道197号沿い)としては、「道の駅ゆすはら」が高知県の檮原町にある。

四国カルスト(しこくカルスト)は、愛媛県と高知県との県境にある標高が約1,400m、東西に約25kmに広がるカルスト台地である。


大きな地図で見る

参考:
四国カルスト – Wikipedia
四国カルスト – 愛媛県

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です