落狂楽笑 LUCKY LUCK SHOW – 21_21 DESIGN SIGHT


落狂楽笑 LUCKY LUCK SHOW [Link]
21_21 DESIGN SIGHT

21_21で落語と狂言のプログラム。
舞台美術はグラフィックデザイナーの北川一成さん。
あの建物は音響的にはどうなんでしょうか。気になるところです。
 日程:2007年08月10日(金)~24日(金)
 時間:11:00~20:00
 場所:21_21 DESIGN SIGHT
 料金:北川一成作品展示無料、予約プログラム:前売り一般5,000円 (全席自由)
 連絡::Tel.03-3475-3100
 > 人間や生活を独特な視点で捉える落語や狂言は、観る人を喜ばせ、
 > 驚きを与える娯楽として日本人の間で長く親しまれてきました。
 > その姿勢は、日常に根ざしたテーマを取り上げ、新たな視点や
 > 発想を提示していく21_21 DESIGN SIGHTのあり方と通底するものがあります。
 > 今回のプログラムでは、芸能の世界において
 > つねに新しい表現を追求し続ける演者たちを招き、
 > 今までにない試みを行ないます。演者は、世代を超えて親しまれる
 > 狂言を目指す茂山狂言会、落語の可能性を拡げていく柳家花緑と桂小米朝、
 > そして風刺あふれる一人芝居を極めるイッセー尾形の4組。
 > それぞれ衣装は気鋭の若手デザイナーが担当します。
 > また、舞台美術をはじめとした一連のアートディレクションを手がける
 > グラフィックデザイナー北川一成が、
 > 会場の一部を使いアートワーク「落狂楽笑 by 北川一成」を発表。
 > 狂言と落語の予約制プログラム では、大人も子供も楽しめるプログラムI と
 > 大人向けのプログラムIIを用意しました。
 > ファミリーで、お友達同士で、21_21 DESIGN SIGHTの夏をご堪能ください。
参考:
21_21 DESIGN SIGHT [Link]
GRAPH 北川一成 [Link]
TDC | MEMBERS 北川一成 [Link]
夏休みに狂言・落語・1人芝居-ミッドタウンのデザイン施設で (六本木経済新聞) [Link]
サマープログラム 「落狂楽笑 LUCKY LUCK SHOW」(Let’s Enjoy TOKYO) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です