科学の目で見た国宝“伴大納言絵巻” – NHK 新日曜美術館


科学の目で見た国宝“伴大納言絵巻” [Link]
NHK 新日曜美術館

平安時代に実際に起きた放火事件を題材にした27mの大作、
伴大納言絵巻を科学的に分析している。
打ち合わせで休館日の出光美術館にいってきたあと、
録画していたビデオをみていたら、これ出光美術館所蔵でした。
ゲストは藝大の手塚雄二さんと出光美術館の黒田泰三さん。
先日、芸大の修士・博士研究の展示会を見に行ったのをメモしましたが、
そのなかでもこうした絵画の顔料解析の研究がありました。
身分によって使い分けられていた顔料、輸入に頼っていた純度の高い高価な顔料、
下書きをしないで勢いよく描かれている人々、下書きをしながら慎重に描かれた建物、
不連続な画面の解釈、異なる顔料で描かれていた異時同図画法と思われていた人物。
とても興味深い特集でした。

番組:新日曜美術館 NHK教育
日程:2007年 3月18日(日)
時間:09:00~09:45

 > 国宝「伴大納言絵巻」。3年前から科学調査が行われ、2006年、
 > その成果と共に全巻が公開。伴大納言絵巻は、
 > 平安時代に実際に起きた放火事件を題材にした27mの大作。
 > 当時の政界トップのスキャンダルへと発展するスリリングな展開が、見る者を圧倒する。
 > 当時の鮮やかな色彩や装束など、調査から次々と分かった驚きの新事実。
 > まるで映画のように展開する絵巻のだいご味を味わいながら、
 > 秘められた謎が次々とひも解かれる。

参考:
国宝 伴大納言絵巻展 出光美術館(東京・丸の内) [Link]
伴大納言絵詞 (Wikipedia) [Link]
「国宝 伴大納言絵巻」展 (TOKYO ART BEAT) [Link]
伴大納言絵巻 (院政期社会の言語構造を探る) [Link]
思いっきり味わいつくす伴大納言絵巻 黒田泰三 (Amazon.co.jp) [Link]
東京文化財研究所 「伴大納言絵巻」パネル展示 [Link]
うれしたのし美術史-中尊寺金色堂・伴大納言絵巻・鳥獣戯画など [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です