太平洋に浮かぶ小さな島のビジネスをオンラインに。Googleが始めた中小企業支援がスゴイ。


東京から南西へ180㎞。伊豆諸島の中ほどに位置する人口1800人ほどの島、神津島。
この島が、誰でも簡単にホームページを開設できるGoogleのサービス
みんなのビジネスオンライン」のモデル地域第一弾に選ばれています。

島は境界がはっきりしているので、
モデル地域としての効果がみえやすいのでしょうね。

おそらくすべて地元の人に任せっきりで
このクオリティのWebがあがってくるとは考えにくいので、
Googleの担当者がサービスの使い方も含めて、
ある程度ディレクションしているのだと思います。

Googleの調査によると、日本企業の99.7%を占める中小企業の76%がWebサイトを保有しておらず、
さらにその63%はコスト・時間・労力がかからなければサイトを持ちたいと考えており、潜在需要が見込めるとのこと。

他の地域でもワークショップ形式で、
地域や企業のウェブサイトをクライアント参加型で
一緒につくっていくというのは新しいWebづくりの形かもしれません。

みんなの物語

インターネットで、ビジネスはもっと自由に、そして面白くなる。「うちの商売には関係ない」そう考えている人のビジネスにこそ、大きな変化をもたらすかもしれません。「みんなのビジネスオンライン」と出会って、ビジネスの新しい可能性を切り開いた人たちの物語を紹介します。

神津島の仕事をオンラインに。
島のビジネスをウェブサイトが元気にしていきます。
「みんなのビジネスオンライン」と出会って、ビジネスの新しい可能性を切り開いた人たちの物語を紹介するムービー。第一弾は神津島の島民と一緒につくりあげてきた、オンラ­イン化ストーリーを紹介します。

神津島とは神津島へ、いこう。 – 神津島村商工会×神津島観光協会
東京から、南へ180㎞。伊豆諸島の中ほどに位置するこの小さな島は、伊豆の島々を造った神々の集会所となったという言い伝えから、「神が集いし島」神津島と名付けられました。豊かな自然に恵まれた神津島は、四季折々で異なる表情を見せ、標高572mの天上山から見渡す眺望は、「新東京百景」にも選定されています。
海水浴からトレッキングまで、島で楽しめるレジャーも実に多彩。都心からわずか数時間でたどりつくことができる、宝石箱のようなリゾート地です。

参考:
みんなのビジネスオンライン
神津島村 – Wikipedia
インターネット経済 調査報告書
みんなのビジネスオンライン – YouTube
「みんビズ」に協力 中小向けシンポ開催(東京商工会議所など) – 日本商工会議所
Google有馬社長「インターネット産業こそが日本の経済を押し上げていく」 -INTERNET Watch
ネットショップ向けクラウドパッケージにおいて、「Googleショッピング商品掲載サービス」を開始 – 朝日新聞


「太平洋に浮かぶ小さな島のビジネスをオンラインに。Googleが始めた中小企業支援がスゴイ。」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です