ファスナーが浜名湖を開く


去年、瀬戸内海を切り開いた「ファスナーの船」が今度は浜名湖に社会の窓を開くそうです。
「今度は、地元の皆さんにファスナーが湖を開く様子を見てほしい」と作者の鈴木康広さん。
男木島で目撃したときの記事はこちら

日程:2011年8月6日~11月23日
運行:土日祝日運航 1日6便
年齢制限:3歳から
料金:大人1,000円、小学生500円
連絡:浜名湖マリーナ 053-487-0264

「ファスナーの船」浜名湖へ 瀬戸内芸術祭で人気北海道新聞

「ファスナーの船」浜名湖へ 瀬戸内芸術祭で人気
「ファスナーの船」(中村脩氏撮影)
 瀬戸内海の島々や高松市で昨年7~10月に開催された瀬戸内国際芸術祭で人気を集めた、ファスナーの金具にそっくりでユニークな外観の「ファスナーの船」が8月6日から浜松市の浜名湖で運航を始める。

 船は東京都在住の現代美術家鈴木康広さん(32)が制作。漁船をベースに強化ウレタンで形を作り、全長約11メートル、重さ約5・3トン。ファスナーが海を開く様子をイメージした。

 芸術祭では高松沖を周遊、多い日には1日約50人の乗客を乗せ人気だったが、会期終了後は次の受け入れ先が決まらず、高松市内のマリーナに保管されていた。

参考:
Art Setouchi | アート作品 | ファスナーの船
‪「ファスナーの船」 2010瀬戸内国際芸術祭‬‏ – YouTube
‪「ファスナーの船」瀬戸内国際芸術祭2010 鈴木康広‬‏ – YouTube
瀬戸内海を切り開く?「ファスナーの船」:瀬戸内国際芸術祭 | エキサイトイズム

More from my site


「ファスナーが浜名湖を開く」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です