【4月7日(金)】600年前音楽が当時の楽器で蘇る!『たかまつ国際古楽祭』 Music Antiqua Takamatsu


600年前の音楽を当時の楽器で演奏する「古楽(こがく)」を楽しむことができるイベントが
4月7日金曜日に香川県高松市で開催されます。

第1回たかまつ国際古楽祭 in サンポート
場所:香川県サンポートホール 第1小ホール [Google Maps]
時間:2017年4月7日(金) 19時開演(18:30開場)
料金:自由席3000円(一部関係者指定席)学生2000円
お問い合わせ:たかまつ国際古楽祭実行委員会(080-5665-7050/takamatsu.kogaku@gmail.com)

たかまつ国際古楽祭は、いまや世界的なクラシックの一大ジャンルである「古楽」を高松や瀬戸内の皆さんに紹介し、招聘したヨーロッパの著名な演奏家と芸術活動を通して文化交流していただくイベントとして企画されました。同時に、招聘した演奏家たちには高松市や瀬戸内の文化に触れていただくことにより、世界でも類稀な風土と文化を持つ高松・瀬戸内と世界をつなぐ架け橋になれば、と考えています。

Music Antiqua Takamatsu is a music festival focused on early music. The concept of the festival is to make a cultural exchange between citizens in Takamatsu and musicians from Europe through early music performance by the guest artists and their experience in Takamatsu.

The guest musicians come to Takamatsu not only to perform in concerts, but also for leisure at their own wills. The ticket sales and the donation fund will support the organisation to financially support their travel and accommodations in Takamatsu.

In the first festival, it will be held in Sunport Hall Takamatsu in April 7th 2017. Thanks to FuCoNa, we will be inviting Frank Agsteribbe, organist, harpsichordist, conductor, professor of Royal Conservatory in Antwerp, Belgium, and his vocal ensemble CantoLX from Luxembourg with a collaboration of Yoko Ishikawa, award winning harpsichord player from Takamatsu.

一流のヨーロッパの古楽器奏者を高松に
実行委員の柴田俊幸(ベルギー)七條恵子(オランダ) 両氏の協力のもとヨーロッパの古楽界から今が旬の音楽家達にボランティアとして高松に来てもらい演奏してもらいます。演奏会後そのお礼として演奏家たちにはその高松市または近隣を観光してもらい、高松市の文化大使的な役割を担ってもらいたいと考えています。

ブルージュ国際古楽祭 MAfestival Bruggeと連携
ブルージュ国際古楽祭のディレクターのトマス・ビショップ氏から高松国際古楽祭を全面的にサポートするという同意を得ることができました。具体的には今後ブルージュ国際古楽コンクール​の受賞者を招聘するなども予定しています。

香西志帆監督によるドキュメンタリー映像上映
高松出身の現役銀行員で映画監督の香西志帆氏のご協力により、2月下旬ベルギーにてドキュメンタリーの撮影を行いました。PRのためだけでなく、4月7日にも上映の予定です。ぜひお見逃しなく!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です