F-22 ラプターのステルス性と超音速巡航 – Wikipedia


F-22 ラプターのステルス性と超音速巡航 [Link]
Wikipedia

『ステルス性』と『アフターバーナーを使わないスーパークルーズ(超音速巡航)』
という2つの主な要求のもとに開発された。
どうやってあの形状でステルス機能を備えられるのか気になるところだ。
 ステルス性
 ステルス性の詳細については軍事機密であり不明だが、
 レーダー反射面積は0.003~0.005m²といわれている。
 これは、さばみそ煮缶詰(6号缶)のふたほどのレーダー反射しかないことを示している。
 スーパークルーズ
 アフターバーナーの使用なしで最大巡航速度マッハ1.58となっている。
 しかし、実際にはマッハ1.7まで到達したという発表もある。
 レーダー
 約250km先の目標を探知出来るアクティブ・フェーズド・アレイ・レーダーを装備しており、
 多彩なモードとの組み合わせにより高い索敵能力・信頼性・低被捕捉性に秀でている。
 電子機器は、非常に高性能で、リスク分散のため複数搭載されている。
 ネットワーク機能
 飛行中の F-22A は互いにデータリンク (IFDL : In Flight Data Link) によって
 戦術情報をやりとりしながら、連携して戦闘行動を取ることができ、
 索敵範囲を超える敵機及び友軍機の情報を司令部や早期警戒管制機から受信することもできる。

 > 2007年1月現在においてF-22には実戦経験がないため
 > どれほどの空戦能力をもつかは未知数であるが、
 > 訓練中の模擬戦闘において驚異的な逸話がいくつも作り出されている最中である。
 > 例をあげれば、「1機のF-22が、世界最強の戦闘機の一つに挙げられる
 > F-15を5機同時に相手にして、3分で全機を撃墜判定」「同じくF-15を相手として
 > 100戦以上行われている模擬戦闘において無敗」
 > 「アグレッサー部隊のF-16が300ソーティもの模擬戦闘を行って
 > ついに一度もミサイルの射程内に捉えられなかった」等々、
 > どれもF-22の高性能ぶりが良く分かるものである。
参考:
F22ステルスの嘉手納配備、北朝鮮が「中止を」 YOMIURI ONLINE [Link]
米国、最新鋭ステルス戦闘機F22を日本に、F117を韓国に配備 (中央日報) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です