1500年前の漁


凄いことが判明しました。今朝、考古学者の乗松さんと、
5月に創刊予定の四国食べる通信のコラムに関して話していて、
高知のカツオ漁で使われているつり針を見てもらったら、
なんと、1500年前とつり針の基本構造が変わっていないのだとか!

いま、1500年前の漁がどんなだったのか、
メンバーの北川拓未ちゃんに描いてもらっています。
詳しくは、四国食べる通信のコラムにて。お楽しみに!

四国食べる通信


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です