風とデスクトップ – KAZE TO DESKTOP


風とデスクトップ [Link]
KAZE TO DESKTOP

yugopさんら、tha社が発表したスクリーンセイバー。
自分の住んでいる街に吹いている風に反応して
パソコンの中身がびゅーびゅー飛びまくる。
どこのデータベースから風情報を読み込んでるんだろ。
これで、部屋にこもってばかりの少年少女も外の風を感じることができる。
僕だったら、「風の谷のデスクトップ」って名前つけちゃう。
 プログラム全般:北村慧太
 デザイン/フラッシュ:花村太郎
 原案:坂井絵理加
 ディレクション:中村勇吾

 > “KAZE TO DESKTOP” IS A SCREENSAVER
 > WHICH MOVES ACCORDING TO THE CURRENT WIND (=KAZE)
 > CONDITIONS OF YOUR CITY.
参考:
SCR A CREATIVE LABEL FOR SCREEN MEDIA [Link]
tha ltd [Link]
nisshi.yugop [Link]
風とデスクトップ(スクリーンセーバー) from HiroIro [Link]
fladdict.net blog: 風力を元にアイコンやウィンドウが吹き飛ぶ [Link]
自分の住んでいる地域の風速でウィンドウやアイコンが吹き飛ぶ [Link]


「風とデスクトップ – KAZE TO DESKTOP」への4件のフィードバック

  1. 今試用中です。(ニヤリ)
    8ドルなら払ってもいいかなと思ってるとこ。

  2. これでどうやって使用者の場所情報と、
    その風情報を取得してるの?事前に何か入力するのかな?
    僕も使用版インストールしてみようかな。

  3. スクリーンセーバーの設定で都市を英語で入力するとお天気情報サイトのAPIに接続して風データを持ってくるみたいです。
    スクリーンセーバー起動中でもマウス操作ができて、都市を変更できます。マウスの動きにも風に飛ばされてるウィンドウたちが反応しますよ。
    画面をダブルクリックでスクリーンセーバー解除。
    難点はスクリーンセーバー起動するとCPU使いまくるみたいでファンがうるさくなることですかね。。。笑

  4. なるほどね。便利なAPIがあるものだ。
    ファンがうるさくなるってことは、
    パソコンが風を起こしてるってことだね。
     街に風が吹く→デスクトップの中身が風に吹かれる
     →CPUをつかってPCのファンが風を起こす
     →部屋の中にいても風を感じることができる
    っていうことですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です