都心の風力発電施設」を目指すWTC跡地タワー


発電つながりでこんな記事も。リベスキンド設計のWTC跡地に建設予定のフリーダムタワー関連。

都心の風力発電施設」を目指すWTC跡地タワー

 >  『フリーダム・タワー』は、ニューヨークの景観に大きな影響をおよぼすだろう。
 > しかし、環境への影響は最小限に抑える設計となっている。
 > 世界一高くなる予定のこのビル(完成イメージ)は、
 > 風力発電施設やソーラーパネルのほか、最先端の省エネ技術を採用しており、
 > 環境に優しい建築のシンボル的存在になるはずだと設計担当者たちは述べている。
中略
 > バトル社長が「世界初の都心の風力発電施設」と呼ぶ設備は、
 > 地上およそ370メートルの高さに設置予定の複数の風力タービン(図)で、
 > 年間260万キロワット時の電力を発電する見込み。
 > これは、フリーダム・タワーの試算電力需要量の20%にあたる。
 > hotwiredより

参考:Design Plan for Freedom Tower


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です