農地制度改革案



若い人や定年退職した団塊の世代を中心に、
農業をやりたいという人の需要はかなり高いはずなのに、
自分で農業ができない理由のひとつに農業法の壁があるといわれています。
そうした農地制度の改革案。株式会社の参入を容認っていうところが大きい。
ただ民間がはいると既存の農家とかは競争にさらされるだろうから、
そのことで起こるリスクを考えないといけない。
地方の商店街がジャスコに食われる、みたいなことになりかねないよね。
規制と緩和のバランス。
おなじ議論が最近の金融問題にもいえますよね。
冷戦が終わって、アメリカ中心の資本主義が暴走して、
結果いまの金融不安。あれこれ考えさせられます。
実は大学で最初のプロジェクトで
ロンドンのど真ん中にリンゴ農園を設計しました。
僕の立場としては、農業のある都心ランドスケープを考えてみたい。

農地制度改革案:農地集め競争力育成 自作農主義転換、株式会社の参入容認
石破茂農相が3日、経済財政諮問会議に示した農地制度改革プランは、食料自給率が先進国最低水準に落ち込む中、農地減少への強い危機感を反映したものだ。農地転用規制を強化し農地の荒廃に歯止めをかける一方、タブー視されてきた株式会社の参入を容認。農林水産省は企業を含めたプロ的な生産者に農地を集め、国際競争力のある農業の育成を目指すが、実際に農地の集積が進むかどうかは自治体などの取り組みが鍵となりそうだ。
 「自作農主義」を基本とした農地法の弊害が指摘され始めたのは1970年代半ばごろ。農家数の減少が顕著になり、担い手不在の農地をどうするかが課題となった。しかし農水省は農地法の抜本改正には踏み切らず、農用地利用増進法(現・農業経営基盤強化促進法)など「外付け」の法律で農地流動化を促す手法を取った。
 だが、限界が次第に明らかになる。地価高騰を背景に宅地などへの転用が活発化。違反転用が横行し、それを追認した転用許可も増えた。その結果、日本の農地面積は08年で463万ヘクタールと、ピーク時(61年)の7割まで減少。耕作放棄地は05年で約38万ヘクタールと、埼玉県を上回る面積に拡大した。
 こうした状況に歯止めをかけるのが、今回の改革プランの目的だが、規制の見直しや罰則強化だけで農地保全は図れない。意欲的な生産者が農地を借りても、点在する狭い農地を抱えることになり、むしろ経営効率が悪化するケースも多いからだ。自治体や農協などが仲介して農地を「面」にまとめ、保全する取り組みが欠かせない。
 今回のプランに関しては、株式会社の農地所有を求める声もある。また、従来は都道府県に委ねられてきた2ヘクタール以下の農地転用許可に国が関与するとした点で、地方分権の立場から異論が出ることも必至。法制化へ向けた議論は紛糾も予想される。
毎日.jp 行友弥

  
参考:
農林水産省|海外農業情報|フランスの農業概要 [Link]
Youtube – 太田総理 農家になったら国が田畑・家をプレゼント [Link]
世界同時食糧危機(1)アメリカ頼みの”食”が破綻する | Veoh Video Network [Link]
「農業関連大手モンサント社の恐怖の収穫」 | Veoh Video Network [Link]
呻吟する現下の日本の漁業・農業 | Veoh Video Network [Link]
農業 – Wikipedia [Link]
有機農業 – Wikipedia [Link]
日本農業新聞 – e農net [Link]
農地制度改革案:農地貸借を自由化 違法転用は厳罰化 [Link]
農地制度改革:農地減少に危機感、自治体の取り組み鍵に - 毎日jp [Link]
農地制度改革案:農地集め競争力育成 自作農主義転換、株式会社の参入 [Link]
農林水産省/農地制度の改正 [Link]
農協中央会の農地制度改革 はたして? – 今日の一貫 [Link]
[PDF] 日本の農地制度と農地政策 [Link]
[PDF] 農政改革の基本方向について [Link]


「農地制度改革案」への3件のフィードバック

  1. 儲かる農業 農業経営者・木内博一 プロフェッショナル 仕事の流儀 – proactive agricultural management

    和郷園の農業経営者、木内博一さんの特集。平均年齢30代前半の若い農家の集団。 年…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です