舞台芸術の世界 – ディアギレフのロシアバレエと舞台デザイン展



ひさびさに庭園美術館。こんなのやってました。
やはりいろんな国の舞台芸術はとても参考になります。
ふらっと本物みにいってみよう。
 日程:2007年07月26日(木)~2007年09月17日(月・祝)
 時間:10:00から18:00まで 8/25~9/1は20:00まで
 休館:毎月第2・4水曜日
 場所:東京都庭園美術館
 > 20世紀初頭、ロシアの新進気鋭の美術家、音楽家、舞踊家が、
 > カリスマ的な芸術プロデューサー、
 > セルジュ・ディアギレフのもとに結集します。
 > ディアギレフ率いるロシアバレエ団(バレエ・リュス)は、
 > 革新的な絵画やデザイン、音楽や舞踏などが相互に影響を及ぼし、
 > 総合芸術としてヨーロッパを席巻しました。
 > ディアギレフのバレエ・リュスは1929年の彼の死をもって解散しますが、
 > その斬新な舞台は、同時代の舞台芸術の世界をはじめ、
 > アール・デコ様式の源泉のひとつとなるなど、
 > 他の分野にも多大な影響を与えます。
 > 本展では、ディアギレフのバレエ・リュスをはじめ、
 > 20世紀初頭から1945年までのロシアのバレエ、オペラ、演劇など
 > 舞台芸術の世界を、ニューヨーク、パリ、ロンドン、サンクトペテルブルク、
 > そして日本国内から集められた約190点の作品と資料を通して紹介するものです。
 > 舞台や衣装のデザイン画はじめ、
 > 実際に使用された舞台衣装、ポスター、上演プログラム、写真
 > そして再現映像などバリエーションに富んだ構成により、立体的に演出します。

参考:
舞台芸術の世界 ディアギレフのロシアバレエと舞台デザイン (京都国立近代美術館) [Link]
舞台芸術の世界 ディアギレフのロシアバレエと舞台デザイン (青森美術館) [Link]
ロシアの絵本・美術書 [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です