演劇フライヤーコレクション展



G8でこんな展示。もともと演劇には興味もへちまもなかった僕が
ぺピンの舞台を見に行くようになったのも素敵なフライヤーがきっかけです。
最近は、そんなぺピンさんの居場所をつくるお手伝いをさせて頂いてます。
イラストは、”パパ・タラフマラ 2004 (AD:葛西薫)”のワニ。

演劇フライヤーコレクション展 [Link]

 日程:2005年9月12日(月)~9月30日(金) *土・日・祝祭日休館 入場無料
 時間:11:00~19:00(水曜日は10:30まで)
 場所:クリエイションギャラリーG8 入場無料
 > 偶然手にとったフライヤ-がきっかけで、
 > 舞台に足を運んだ」という経験は演劇ファンなら誰しもあると思います。
 > デザイン性が高く、パフォーマーのキャラクターや舞台の魅力を伝える演劇グラフィック。
 > 通常のマスコミでは知り得ない小劇場系の劇団にとって、
 > フライヤーは重要なコミュニケーション手段です。
 > ピエ・ブックスより発売される『演劇フライヤ-コレクション』を中心に約350枚展示いたします。
 > 舞台の枠にとらわれない自由なビジュアルを、
 > 演劇ファンはもちろん普段劇場に足を運ばない方もお気軽にお楽しみ下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です