ダイダラボッチ



もののけ姫つながりでシシ神様の夜の姿、ダイダラボッチ。
実は、たたら製鉄とダイダラボッチには関連性があるといわれている。
踏鞴(たたら)を片足で踏んで風を送る様子や
溶けた鉄の放つ強い光によって網膜が焼けて片目が失明することから、
たたら製鉄と関連があるという説がある。
 > ダイダラボッチはこの伝説のある地域に伝わる
 > 「一目連」(ひとつめのむらじ)の俗称である。別名に「ダンダラボッチ」、
 > 「デイタラボッチ」、「一本踏鞴」などがある。
 > この地方に共通している言い伝えでは、「片眼であり、
 > 1本足、巨人、踏鞴を操り風を起こす」者と言われているが、
 > 多度大社の別社の中には蛇の形をした神様として祭られ、暴風の神様とされている。
 > 「片眼であり、1本足、巨人、踏鞴を操り風を起こす」という特徴から、
 > たたら製鉄との関連性が指摘される。
 > Wikipediaより
参考:ダイダラボッチ(Wikipedia) [Link]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です