綾小路きみまろの人生ひまつぶし | TVO テレビ大阪

芸能生活40週年を迎える、中高年のアイドル 綾小路きみまろさんが各地を歩く
テレビ大阪の番組、「綾小路きみまろの人生ひまつぶし」で香川県多度津町が紹介されます。
なんとそのエンドロールかどこかで、
このサイトで紹介している多度津町の写真をつかってくれるかも、とのことです。
大阪方面の方はぜひ見てみてください。

綾小路きみまろの人生ひまつぶし | TVO テレビ大阪
日程:2016年4月17日(日)放送
時間:14:00〜15:00

kimimaro tadotsu

きみまろ憧れのマドンナ・西田ひかると行き当たりばったり旅。
舞台は香川県多度津町。
地元の人で賑わう讃岐うどん店にと突撃訪問。
新コーナー“イキスギ中高年グランプリ”では、
ある物をグニャりと曲げる『エスパー女将』が登場!

テレビ大阪  毎週日曜日 午後2:00~3:00
BSジャパン  毎週水曜日 よる7:00~8:00
テレビ愛知  毎週金曜日 午前10:30~11:00
奈良テレビ  毎週土曜日 午後1:30~2:00
北陸放送  毎週木曜日 午前9:55~10:30
TVQ九州放送 毎週日曜日 午前10:30~11:00
宮崎放送  毎週木曜日 午後3:00~3:30
テレビ信州  毎週日曜日 午前9:55~10:25
J:COMテレビ 毎週木曜日 午前9:00~9:30

香川県多度津町観光協会公式ホームページが公開!

香川県多度津町の観光サイトの写真を撮影させて頂きました。
今回は、四国食べる通信編集部としてモデルコースの企画を
ポン真鍋編集長と多度津をめぐりレポートしております。
企画・制作は、株式会社ゴーフィールドさんです。

I took photographs of the website “Tadotsu town Tourism Association”. I walked model course and made report with Mr. Pon Manabe who were the chief editor of “Shikoku Taberu Magazine”. The web was designed by GoField.

香川県多度津町観光協会公式ホームページ

【2月6日(土)~3月31日(木)】香川県多度津町出身の版画家、武田三郎さんの版画展

香川県多度津町の武田三郎さん。
丸亀市の広報誌でお馴染みの版画家さんの展覧会があります。
木版画摺りの実演があり、カメラ撮影原則可能とのこと。

DSC_8100

DSC_8101

武田三郎木版画展
日程:2016年2月6日(土)~3月31日(木)
場所:多度津町立資料館(香川県仲多度郡多度津町家中1−6)[Google Maps]
電話:0877-33-3343

木版画摺り実演予定
実演:2016年2月6日(土)・27日(土) 3月12日(土)
時間:13:00〜15:00
休館:月曜日(祝日の場合はその翌日)国民の祝日の翌日
料金:無料
※車は多度津町役場の駐車場をご利用ください ※JR多度津駅から徒歩10分 ※カメラ撮影原則可

一昨年の夏、多度津町出身の版画家 武田三郎氏のご家族から多数の版木が多度津町に寄贈されました。皆様に版木が寄贈されたことのご報告と共に、武田氏の地元に根ざした幅広い活動を、作品展を通して紹介します。多度津を中心に近隣の市や町の風景、武田氏が愛した山などの作品を多数展示、また版画を摺る実演もご覧いただき作品の出来上がる工程を紹介します。作品の展示と木版画摺りの実演は、下記の日程で行います。ぜひご覧ください。

DSC_8153

塩飽諸島 高見島、多度津町の古い町並みを歩きました。

本日も引き続き、香川県多度津町の撮影にやってきました。
今回は、瀬戸内国際芸術祭の時にも賑わう塩飽諸島の一つ、高見島と、
資料館の館長さんに多度津町の歴史のお話を聞いて古い町並みを歩きました。

I went to Takami island and the old streets of Tadotsu town in order to take photographs for sightseeing website. I heard director of the resource center about history of tadotsu town. I met beautiful olive agricultural farm along the Seto Inland Sea.


高見島にやってきました。


多度津港からフェリーで約25分(片道490円)。


港近くの広場でメェ~と迎えてくれたのはヤギのゆきちゃん。


廃校跡地にあった二宮金次郎像


にこやか。右手が、ガッツポーズしているようにも見えます。


港から浦集落へ。坂道や路地を歩いて10分ほど。
映画のロケ地にもなったお寺、大聖寺。


鐘楼門の上には、木彫りの力士像が支えています。


高見島から多度津町内に戻って、多度津町立資料館へ。
館長に多度津町の歴史や見どころをいろいろと教えていただきます。


香川県多度津町出身の版画家、武田三郎さんの版画展があります。
素敵な味があります。


館長に教えていただいた多度津町の歴史を踏まえて散策。
港近くにある古い町並み。昔の海岸線、
金比羅参りへいく人にむけた遊郭の跡があります。


とても趣きのある建物がいくつも並んでいます。


犬が佇んでいました。


柳原菓子店の一太郎せんべい。ご主人が一枚一枚手焼きしています。
日露戦争に出兵する息子を見送る母の姿がモデルになっています。


三宅菓子店。多度津銘菓「たどつ太鼓」


オリーブ農園にきました。絶景!!


月がうっすらと見えてきた夕暮れ時

国産100%エキストラバージンオリーブオイル 蒼のダイヤ 180g
四変テック株式会社 AOS
売り上げランキング: 111,754

少林寺拳法発祥の地、四国鉄道発祥の地、空海生誕の地である香川県多度津町!

少林寺拳法発祥の地、四国鉄道発祥の地、空海生誕の地(諸説あり)である香川県多度津町!凄いぞ多度津。多度津町観光協会さまのお仕事で香川県多度津町に来ております。午後からは佐柳島で暮らす素敵なご夫婦にじっくりお話を聞けました。明日も引き続き、多度津町の魅力を撮影できればとおもいます。

DSC_7403
少林寺拳法発祥の地

DSC_7509
JR多度津駅。四国鉄道発祥の地。レトロな給水塔がかっこいい。

DSC_7475
多度津町のB級グルメ「鍋ホルうどん」

DSC_7462
弘法大師生誕の地と言われている海岸寺・奥之院(大師堂)

DSC_7385

DSC_7582
フェリーにのって猫の島としても有名な佐柳島へ。
フェリーの船員さんのお話もたくさん伺えました。

DSC_7731
佐柳島からの眺め

DSC_7692
猫たちが出迎えてくれます。

DSC_7725
島の神様。

香川県多度津町の鍋ホルうどん Hot pot of cow’s organ with udon noodle

戦後復興時に「コーキブ(工機部)」と呼ばれた国鉄多度津工場(現在のJR四国工場)の労働者に振る舞うために作られた「鍋ホルモン」がはじまり。当時、一般庶民が肉なんて食べられなかった時代に評判となり多度津の名物になったものです。

In order to behave in workers of the post-war reconstruction JR Tadotsu factory was called “Kokibu”, hot pot of cow’s organ had been made​​. Common people could not able to eat meat, this dish became famous and reputation of Tadotsu town, Kagawa pref., Japan.

いこい
場所:香川県多度津町仲ノ町4-5 [Google Maps]
時間:17:00~23:00
定休:月曜日
電話:0877-33-2007

Ikoi
Place : 4-5 Nakano-cho, Tadotsu town, Kagawa pref., Japan [Google Maps]
Time : 17:00-23:00
Close : Monday
Tel : 0877-33-2007

香川県・多度津町のB級グルメ「鍋ホルうどん」

多度津は四国の鉄道発祥の地である。多度津港と金刀比羅を結んだ鉄道が興りである。そのため今でも多度津港の近くに、旧国鉄時代の面影がのこる多度津工場(現在JR四国工場)がある。地元の人達にコーキブ(工機部)と呼ばれて親しまれてきた。同じ敷地内にあったブッシブ(物資部)は、今で言うところのスーパーマーケットであった。戦後の復興期には、千数百人の職員が働いていた。(現在は百人強)

 夕方の5時になると一斉にコーキブの門から労働者が列をなして出てくるのである。これを見ていたある肉屋のおやじは考えた。これで儲けるには?当時、一般庶民は肉なんて、めったに口にできなかった。また、モツ(内臓)を食べる習慣もなかった。ところが、屠場では従業員が日常的にこれを食していたのである。おやじさんもこれを食べ、美味なることをしったのである。「ようし、この放るもん(ホルモン)と酒でひと儲けを」。さっそく工場と駅のあいだに店を出し、コーキブの労働者相手に商売をはじめたのである。

 ブッシブで調味料を仕入れて、ホルモンの調理法と味に工夫を重ね、他では食べられない「鍋ホルモン」が評判になり、店を繁盛に導いたのである。

 「鍋ホルうどん」は、仕上げにうどんを入れたもので、いわば裏メニューであった。ほとんどの客が〆に食べて、満足して帰っていったそうである。しかし栄枯盛衰とはよく言ったもので、国鉄の合理化、民営化などで徐々に職員も減り、このメニューも地元の人から忘れられてきていた。

 それを復活させたのが、肉屋の二代目である。今では三代目に引き継がれ、ひそかな多度津の名物になっている。

瀬戸内海沿岸、黄金色の白方ぶどう農園 Shirakata grape, Seto Inland Sea

香川県多度津町白方地区は瀬戸内海沿岸のぶどう産地です。ぶどう農園の黄金色の紅葉が綺麗だったので撮影してきました。
多度津町の名産のひとつが「白方ぶどう」です。1918年(大正7年)にこの白方地区でぶどうの苗木が栽培されはじめました。温暖な気候と水はけのよい傾斜地、雨が少なく日照量と適度な潮風という好条件によって、美味しいぶどうが育ちます。いまでは「白方ぶどう」のブランド名で西日本有数の産地となっています。観光ぶどう園もあり、収穫期には、ぶどう刈りの家族で賑わいます。(観光情報 | 多度津町

5月中旬からデラウェアの出荷がはじまり、
7月から多度津の集荷場でぶどうの販売がはじまります。

Shiro-kata district of Tadotsu town, Kagawa pref. is the grape production area of the Seto Inland Sea coast. I’ve taken a beautiful grape farm in golden color. “Shirakata grapes” is a specialty of Tadotsu town. Planting of grapes began to be cultivated in 1918 at Shirakata district. Shirakata district , mild climate , well-drained slopes , less rain , sufficient amount of sunlight and moderate sea breeze are favorable conditions for grapes. It has become famous brand “Shirakata grapes”. There is also a tourist vineyards , the harvest season , it is crowded with grape harvest of the family.

多度津集荷場
場所:香川県多度津町大字奥白方1407(白方小学校前) [Google Maps]
電話:0877-33-1381

Tadotsu consolidating point
Place : 1407 Shirakata, Tadotsu town, Kagawa pref., Japan [Google Maps]
Tel : 0877-33-1381