しまんと新聞ばっぐ大賞決定 SHIMANTO NEWSPAPER BAG

高知県四万十町の道の駅で販売してる新聞ばっぐ。
梅原真さんの発案で、地元のお母さんが折り方を考案したというもの。
ニューヨーク近代美術館(MoMA)やロンドンのポールスミスでも置かれ、
世界的にもこの活動が広がっています。

全国から320点の作品が集まった高知県四万十町の新聞ばっぐコンクール。
2015年の大賞が渡辺隆明さんに決定しました。おめでとうございます!
また、作品は11月15日まで旧広井小学校(高知県四万十町広瀬)で展示しているとのこと。

四万十川流域から依頼される商品のパッケージデザインは、全て環境に配慮したエコ素材を使うわけにはいかず、どうしてもペットボトルやフィルムを使用することになる。気になっていたせいかある日、そのバランスをとるため「流域で販売される産物は全て古新聞紙で包もう」というアイデアが浮かんだ。(『ニッポンの風景をつくりなおせ』より)

しまんと新聞ばっぐ | SHIMANTO NEWSPAPER BAG NIPPON しまんと新聞ばっぐ

新聞紙で地球を包もう!
読み終えた新聞を使ってあたらしいカタチを作る。
これは“ecoの基本概念”=“循環”の概念を呼び起こすとともに
「なによりタノシイ人類の知恵」ではないでしょうか。
アメリカはアメリカの新聞で、
フランスはフランスの新聞で…
世界中どこでも、気軽にタノシク作ってもらえたら、
もっと地球の環境にいいかもしれない。
そんな世界をめざして、私たちは
しまんと新聞ばっぐを通して、
人と人をつなく活動をしていきます。

ラストリバーのこころざし
「最後の清流」といわれる四万十川。
しかし、年月を重ねるごとに、川としての豊かさや
機能を失いつつあります。
しまんと新聞ばっぐは「ラストリバーのこころざしに合わせて、
四万十川流域で販売される商品は、すべて新聞紙で包もう」
という一言から、2003年に誕生しました。
言い出したのは高知市在住のデザイナー・梅原真氏。
生みの親は四万十川中流域に住むおばちゃん。

モッタイナイ×オリガミ
新聞紙を折ってノリづけしただけのバッグですが、
読み終えた新聞を使って新しいかたちをつくる、
まさに日本人の美意識「もったいない」と「おりがみの手わざ」が
融合した、機能的で美しいバッグです。
この商品の売上の一部は、四万十川流域の環境保全事業に
活用しています。樹木から生まれた新聞紙が、また森へ還る
という循環のしくみをもっています。

「考え方」を伝える
2009年から、しまんと新聞ばっぐの「考え方」と「折り方」を
教える先生、の養成をはじめました。
四万十で開催される講座に参加し認定を受けると、
インストラクターとして教室を開いたり
自作のバッグを販売することができます。
現在、全国で250名を超えるインストラクターが活躍しています。

参考:SHIMANTO NEWSPAPER BAG NIPPON しまんと新聞ばっぐ

一次産業にデザインをかけ合わせて「あたらしい価値」をつくる高知県のデザイナー 梅原真さん

今夜(10/29 22:00〜)放送です!高知県を代表する世界的デザイナー、梅原真さんの特集がテレビ東京のカンブリア宮殿であります。四国食べる通信​10月号でお届けした栗や紅茶など高知県四万十町の美味しいものをいっぱい扱われている四万十ドラマさんや、誌面で紹介した栗の剪定師さんも登場します(かも)。お見逃しなく!

番組:カンブリア宮殿:テレビ東京
日程:2015年10月29日(木)
時間:22:00〜22:45

梅原 真さん
田舎の埋もれた宝を“デザイン”の力で輝かせる男!梅原デザイン事務所梅原 真(うめばら まこと)
田舎に根差し、田舎にこだわり、田舎の埋もれた宝に光を当て続ける高知発のデザイナーがいる。それが梅原デザイン・梅原真だ。相手にするのは基本的に田舎の1次産業の人々や企業のみ。地方の商品に、ぴったりのパッケージやキャッチフレーズをつけるだけでなく、商品そのもののプロデュースも手掛ける。梅原が手掛けるものは、消費者の心をつかみ、次々とヒット。「何もない」田舎の足元から宝を見つけ、市場を生み出す・・・。それが梅原の魅力だ。「都会なんか見るな。足元のいいものを見つけろ」と叫ぶ、異色デザイナーの生きざまに迫る。

一次産業×デザイン=風景

プロフェッショナル 仕事の流儀NHK

宝は、すぐ足もとにある
かつては見向きもされなかった山あいの村のゆず。廃業する船が相次いでいた土佐のカツオ一本釣り漁。厳しい現実と向き合う一次産業の現場から、次々とヒット商品を生み出し、再生させるすご腕が高知県にいる。
梅原真(62歳)。商品のパッケージデザインからキャッチコピー作り、さらには商品企画まで手がけ、「売れないモノを売る」異色のデザイナーだ。引き受ける仕事は、農林漁業と地方に関するものだけで、大企業からの依頼はすべて断ってきた。生産者が本気で作った“いいもの”であれば、必ず売れると言い切り、背中を押す。そして、デザインの力で市場を切り開く。
去年秋、梅原は、地元・高知の特別な卵のパッケージデザインに挑んでいた。コストがかかるため、1個100円以上で売らなければ経営が成り立たず、ほとんど売れていない。卵に人生を懸けた生産者の思いに応えることができるか-。高いハードルに挑む気骨のデザイナーに密着する。

Design note : 梅原真 足元にある宝物へのまなざし

梅原真さんが講演に来られました。
あまり、ご存知ない方もおられるかと思います。
梅原さんは高知のデザイナーで、地方の疲弊している一次産業を
次々とデザインの力でよみがえらせているすごい人であります。

最初の商品は 「一本釣りの藁で焼いたカツオ」だったのですが、
一本釣りは効率が悪く、外国の船が巻網で一網打尽にするのに対抗できず、
魚の値段も漁師が決める事ができず、明神丸は潰れそうになっていたそうです。
それを、藁で焼いたカツオ二本と、たれ二個、高知のニンニク丸ごと、ショウガ丸ごとをセットにし、
「漁師が釣って漁師が焼いた」とコピーを考え、真っ赤なパッケージもデザインして、
5500円で売った。
これが、8年で20億を売り上げる商品になった。
最初は、焼く場所もないから軒先でカツオを焼いていたのが、
工場を立ち上げ、水産会社を設立と大躍進を遂げたそうです。
そんな梅原さんが手掛けたデザインです。

つづく

新聞紙×折り紙という新しい形のエコバッグ、『四万十川新聞バッグの作り方』を四万十川から世界に向けて発信中! | greenz

市場で品物を新聞紙でくるむのはよく見かける光景ですが、「四万十川新聞バッグ」はちゃんと取っ手のついたお洒落な手提げバッグ。新聞紙でできているとはいえ、しっかりと強度があり使い勝手も申し分なし!

なんとこの折り方を発案したのは、四万十川流域に住む地元のおばちゃんなのだとか。海外からも注目を集めるこのエコバッグは、地元の企業、主婦、デザイナーがタッグを組んで開発したもの。あなたもその「作り方」を手に入れて自分オリジナルの新聞バッグをつくってみませんか?

<地元のおばちゃんが折り方を考案!>
もともとこの新聞バッグはグラフィックデザイナー、梅原真さんの発案によるものでした。梅原さんは長年高知でデザインの仕事に携わり、「一次産業×デザイン」という新しい付加価値で多くの商品やプロジェクトを成功に導いてきました。なかでも高知県黒潮町の砂浜で行ったTシャツをひらひらさせるアートイベント「砂浜美術館」は有名で、ご存知の方も多いでしょう。

この梅原真さんが著書『ニッポンの風景をつくりなおせ』の中で、新聞バッグを思いついたきっかけについてこんな風に語っています。

四万十川流域から依頼される商品のパッケージデザインは、全て環境に配慮したエコ素材を使うわけにはいかず、どうしてもペットボトルやフィルムを使用することになる。気になっていたせいかある日、そのバランスをとるため「流域で販売される産物は全て古新聞紙で包もう」というアイデアが浮かんだ。(『ニッポンの風景をつくりなおせ』より)

梅原真 | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀

宝は、すぐ足元にある
農林漁業と地方に関する仕事ばかりを引き受け、次々とヒット商品を生み出す梅原。そのデザインの第一歩は、そのモノの本当の価値に目を向け、可能性を見いだすことから始まる。
生産者や地方の人々は、「頑張っても頑張っても、売れない」と自らの作るモノに自信を失っていることも少なくない。だが梅原は、「ないものねだりをせず、足もとに眠っている地域の“宝”に目を向けることが、衰退する一次産業や地方の再生にもつながる」と考えている。

熱を持った人の、伴走者になる
全国各地から仕事の依頼が殺到する梅原だが、いくら金を積まれても動かない。仕事を引き受けるにあたって最も大事にするのは、依頼主の「本気度」、そして「志」だ。そうした依頼主の発するエネルギーが梅原を突き動かし、その熱意に応えようとする中から、梅原のデザインが生まれる。
生産者が本気で作った“いいもの”であれば、必ず売れると言い切り、背中を押す。そして、デザインの力で市場を切り開く。

日本の”風景”を残したい
梅原が仕事をする上で常に念頭に置いているのは、自らの仕事が、「大切な風景を残す」ことにつながるかどうかだ。
梅原の言う「風景」とは、単に美しい景色を指しているのではない。いいものを作ろうと額に汗して働く人々の姿と、それが醸し出す現場の空気や景観。そうした人々の営みが映し出された“美”や“豊かさ”を、「風景」と呼んでいる。今は、売れないものや非効率なものは価値がないとされ、失われていく時代。そこにデザインを掛け合わせて付加価値を付け、売れるようにすることによって、その営みを存続させる。それが梅原を貫く信念だ。
「いい風景とは、志そのもの。俺はデザインの力で、それを守りたい。」

プロフェッショナルとは、
あらゆる場面に対する空想を、現実にする人のこと

デザインで、コミュニケーションを生み出す
梅原はよく「コミュニケーション」という言葉を口にする。売れない商品というのは、消費者とのパイプがうまくつながっていない状態。そのパイプを作り出し、細いパイプを太くしていけば、売れるようになる。いわば、消費者との間に「コミュニケーションを生み出す」こと、それが自分のやるべき仕事だととらえている。
どうすれば商品が消費者の目に留まり、手に取られ、カゴに入れられるか。単にパッケージだけをデザインしているのではなく、コミュニケーションを生み出す方法を常にトータルで考えている。こうした方法論やデザインの手法は、すべて独学で身に付けてきた。

マイナスを、プラスに変える
梅原が手がける一次産業や地方の仕事には、特別な難しさがある。規模が小さくて効率が悪い、知名度がない、販路がない、広告を打つ金もないなど、商品を売るには不利な条件ばかりだ。だが梅原は、そうしたマイナス条件を逆手に取って、プラスに変えていく。
例えば今、梅原が力を入れているのが、地元高知の森林の活性化。高知県の森林率は84%と全国一で、経済的にはマイナス材料と見なされがちだ。だが梅原は、その森林率の高さをむしろ誇り、「84プロジェクト」と銘打って、森林まるごとブランド化に挑んでいる。

梅原真 | プロフェッショナル 仕事の流儀 | TVでた蔵

梅原真さんは年の半分は飛び回っていた。この日訪ねたのは高知の梨農園。特産の梨の売り上げを増やしたいと相談を受けていた。一見る強面だが話好きの梅原さんは、雑談しながらアイディアを練るのがいつものスタイルだった。
高知県香美市に梅原さんの自宅兼事務所があった。依頼主の多くは潤沢な予算などない小さな組織で、梅原さんはキャッチコピー作りやイラストなどを全て自分で行っていた。きょう事務所に持ち込まれた四万十川の栗は「地栗」というネーミングで味の良さを全面に出し、スイーツを企画して1000万円以上を売り上げるようになった。梅原さんは「宝はすぐ足元にある」と話した。

ニッポンの風景をつくりなおせ―一次産業×デザイン=風景
梅原 真
羽鳥書店
土佐の一本釣りカツオ漁船の風景を守った「漁師が釣って漁師が焼いた」藁焼きたたき、地域の個性を逆手にとった「島じゃ常識 さざえカレー」、箱モノ行政バブル時代にTシャツを砂浜にひらひらさせた「砂浜美術館」、森林率84%の高知から発信する84(はちよん)プロジェクト………一次産業にデザインをかけ合わせて「あたらしい価値」をつくりつづける、グラフィックデザイナー梅原真が、デザイン誕生の現場を自ら書き下ろし、依頼人も写真付きで解説。

満天の星、四万十川の火振り漁

高知県四万十川では、古くから伝わる伝統漁法「火振り漁」がみられます。松明やライトの光、竿で水面を叩く音によって鮎を驚かせて水中に貼った網の中に追い込み獲る漁法です。夏から秋にかけて新月の暗い夜に鮎が眠りについた頃に行われます。資源保護のため、漁業許可証が交付され、網を仕掛ける場所などはくじ引きで決められるのだそうです。満点の星空のもと、水面をゆらゆら流れる光が幻想的な光景です。

夏の四万十川は春に海から遡上した稚アユが成長した時期に、伝統漁法の「火振り漁」で捕らえます。火振り漁とは、竿で水面を叩く音によって鮎を驚かせ、火光(松明)の火を振りながら水中に張った網に追い込んで獲る漁法で、夏から初秋にかけての新月の夜に鮎が眠りについた頃を見計らって行います。資源保護のため、川漁師でも漁業許可証を交付されている。1舟につき乗船員は2名以内、火光は2個以内、網を張るのは日没後といった決まりごとがあります。漁師さんの話では解禁日から1週間と9月15日~10月15日の禁漁前の1ヵ月が勝負だそうです。闇夜の川面に浮かび、ゆらゆら揺れる光景は四万十川の夏の風物詩です。(四万十市観光協会

土佐打刃物の名工、土州勝秀「勝秀鍛冶屋」Forge master of Kochi "Doshu Katsuhide"

高知県四万十町の鍛冶屋さんに来ています。四万十では、紙の原料になる楮(こうぞ)や三椏(みつまた)を採取するのに使用していた農機具が元になり、栗の皮むき包丁が生まれたのだそうです。「鍛冶屋の世界は奥が深いんぞ。最近になってようやくわかってきた」とおっしゃっていたのが印象的です。


勝秀鍛造所の二代目、松村幸作さん。
かつては、高知県四万十町十川(とおかわ)に9軒も鍛冶屋があったそうです。
松村さんはこの地域に残る最後の鍛冶屋。
鍛冶屋の屋号、銘は「土州勝秀」。土州は高知県のこと、勝秀は先代の名前だそうです。

The forge master of Kochi “Doshu Katsuhide” is the last blacksmith at Tokawa area, Shimanto town, Kochi pref., Japan. I took photographs of his atelier and works. I saw craftspersonship there, and young man begin learning craft’s manual skills from him.


高知県四万十市、風の匂いが違います。


かつては各集落に一つはあったという鍛冶屋。いまも四万十に残る鍛冶屋さんにやってきました。ものづくりの聖地


「鍛冶屋の世界は奥が深いんぞぉ。最近になってわかってきたわ。」


総務省の地域おこし協力隊として弟子入りしている菊池祐さん


こちらが、今回の食べる通信のオプションとして紹介させていただく栗剥きのナイフ。紙の原料である楮(こうぞ)や三椏(みつまた)を採取するときに使う農機具をつくっていたことからはじまり、栗剥き用のナイフなどをつくられています。


こちらが鉈(なた)。美しい曲線。


柄(え)や鞘(さや)や釘(くぎ)も全て自ら手作り。高級車のハンドルのように美しい。


柄(え)や鞘(さや)につかわれている
槐(えんじゅ)、桜(さくら)、山桑(やまぐわ)、朴(ほおのき)
などの木が保存・乾燥されています。


【四万十ふしぎ発見!】四万十の鍛冶屋さんでみかけたこれ。かつてこの土地の産業には欠かせなかったあるものなのですが、いったい何に使われたものでしょうか?


答えは、船頭さんがもっている船竿の先につける金具です。
モーターが登場する前は、竿の先につけたこの金具を川底に指して舵を切っていたそうです。


毎週の日・祝日に道の駅とおわ
この美しい勝秀鍛冶屋の刃物を対面販売しているそうです。

勝秀鍛冶屋
場所:高知県高岡郡四万十町十川233-2 [Google Maps]
電話:088-028-5429

Katsushu blacksmith
Place : 233-2 Tokawa, Shimanto town, Kochi pref., Japan [Google Maps]
Tel : 088-028-5429

参考:
地域おこし協力隊と勝秀鍛冶屋見習い
鍛冶屋を巡る旅 3「勝秀鍛造所」 – 暮らしの道具を作っています

高知県四万十町の栗農家と剪定士

四国食べる通信10月号の取材で高知県四万十町に行ってきました。

栗の教科書に書いてある樹形と全く異なる四万十の栗。
これ、栗の教科書なのですが、ここに描かれている木とは全く異なる栗の木を四万十ではみることができます。違うと言っても木の種類ではありません。剪定が違うのです。10月号では、岐阜県から家族をおいて単身、覚悟をもって移住された剪定士さんの物語をお届けします。この栗の選定技術は世界でもここにしかないものだそうで、本当にいい品質の栗がたくさんなるのだそうです。いまから栗の収穫が楽しみです。


栗は種。栗の私たちが普段食べている部分は、実ではなく種です。その周りを覆っているのが実で、イガイガは皮。
ちなみに、栗は縄文人の主食でした。青森の三内丸山遺跡から出土した栗のDNAが一緒だったことから、栽培されていたことが証明されたのだそうです。栗ご飯は、縄文と弥生の出会いなのかと考えるとなかなか感慨深いです。食欲の秋が待ち遠しい。


栗栽培歴40年の中平茂喜さん(左)。
岐阜から移住された凄腕の栗剪定師・伊藤直弥(いとうなおや)さん(右)。

高知県、食の旅。四万十町の栗と中土佐町のカツオ

引き続き、四国食べる通信の取材で
愛媛県から高知県までぐるりと回っています。

愛媛県、
・日本一細い半島 佐田岬のニホンミツバチ、
・西予市三瓶町(みかめちょう)の一本釣りの奥地あじ
・宇和島

高知県、
・四万十町の栗
・中土佐町のカツオ

と様々な食とそれに関わる人達に会いに行ってきました。


高知県四万十町、とおわの道の駅。賑わっています。


川には木造船の漁師さんがいました。


四万十の紅茶


四万十の栗でつくったモンブラン。丹波の栗と食べ比べ。
栗の香りが口いっぱいに広がります。


しまんと地栗の渋皮煮。これ、とんでもなく美味しいです。
デザインは梅原真さん。


栗農園にやってきました。除草剤も農薬も使っていません。


まだ育っているところですがこの大きさ。
いままで見たこと無いくらい大きな実がなっています。


案内してくださっている四万十ドラマの畦地さん。


栗の木。剪定の技術がすごく大切。


凄腕の剪定師さんが岐阜から四万十に移住してきたそうなので、
四国食べる通信10月号ではそのお話を伺おうと思います。


綺麗な栗。


四万十のフィールドワークを終え、高知県中土佐町久礼の大正町市場へ来ました。


大漁


カツオ


鯛。綺麗な魚がずらりと並びます。


港がすぐ近くなので魚も新鮮。


干物もたくさん。


スダチ、仏手柑、柚子、直七など、
高知の酢みかん文化とても面白いです。


創刊号のカツオ特集でとってもお世話になった田中鮮魚店の田中さん。


新鮮な市場の魚をその場でさばいてくれます。


カツオを焼かせてもらいました!暑い!


白石くんも。


自分で焼いたカツオをその場で頂く!うまくないわけがない。
最高です。


他でカツオを食べられなくなるほどうまい。


めじか(マルソウダガツオ)。高知ではしんことも呼ばれ、刺し身で食べられます。
新鮮な状態でないと流通できない魚です。


新鮮な魚をその場でさばいてもらって。
250円でご飯と味噌汁がついてくるしくみ。


自分で丼にしてみたり


ニンニクとネギと塩で頂きます!


編集部。うますぎて言葉になりません。


1泊2日の四国食の旅でした。
ご案内いただいたみなさん、ありがとうございました!

しまんと地栗渋皮煮 Sweet chestnuts of Shimanto, Kochi pref.

高知県四万十の地栗。とんでもなく美味しいです。

I ate sweet chestnuts of Shimanto, Kochi pref., Japan. It’s a wonderful tastes.

お取り寄せはこちらから。

しまんと地栗 – 四万十とおわ村

道の駅四万十とおわ

場所:高知県高岡郡 四万十町十和川口62-9 [Google Maps]
電話:0880-28-5421

Road Station Shimanto Tōwa

Place : 62-9 Kawaguchi, Towa, Shimanto town, Kochi pref., Japan [Google Maps]
Tel : 0880-28-5421

ニッポンの風景をつくりなおせ―一次産業×デザイン=風景
梅原 真
羽鳥書店
売り上げランキング: 148,071